論述問題にどう対応するか?

pak86_pennotekakikomi20140312_tp_v

第1回キャリアコンサルタント試験の実技(論述・面接)試験については、それぞれの試験実施団体によって異なる出題内容で合否判定が行われました。

中でも結果に差が出てしまったのは「面接試験」で、平均点では8.3点の差が出て、団体間での合格率の高低を左右することとなりました。(合格率の差については、こちらの記事をご覧ください。)

逆に、「論述試験」については、ほぼ同様の平均点で高めな得点結果が出ており、受験者間での得点差も大きくはないのではないかと推測していますが、試験実施後のアンケートや最近の勉強会などで、「論述試験対策をどうしたものか?」というご意見をたくさんいただいています。

そこで、思うところを特集ページにまとめてみました。あくまで皆様のアンケートでのご感想や、試験問題を私が見て、勉強会などでも意見交換をした現状での私見によるものですが、対策の一助になりましたら幸いです。

 特集ページ:論述試験対策を考える。

ご意見やご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。

2件のコメント

  • 大島昭彦

    ありがとうございます。助かります。過去問題もまだあまり出ていないので、不安でした。感謝です‼️頑張ります‼️

    • cocostudy

      大島昭彦さん
      いつもコメントをありがとうございます。こちらも励みになります。
      ご不安な中での試験対策と思いますが、一つずつ、できることをやっていきましょう。
      じっくりとクライエントに寄り添って、好意的な関心を持って丁寧にクライエントの言葉を追跡し、自己探索をお手伝い。
      応援していますので、頑張っていきましょう。

コメントを残す