【楽習ノート+】2016年度有効求人倍率と完全失業率

GWもいよいよ最終盤となりました。試験対策学習はいかがでしょうか?この時期からは毎日、知識を確認し、知識の補充、穴埋めを図っていきましょう。まだまだ新しい知識を身に付けることができます。諦めずに頑張りましょう。

楽習ノート+(プラス)を更新しました。

有効求人倍率と完全失業率(2016年度)

2015年度の有効求人倍率と完全失業率の内容が問われる設問が、第2回試験で出題されています。趨勢としましては、雇用環境の改善が続いていますが、2016年度の数値、資料をあらためて確認しましょう。

第3回試験の出題内容を検討した結果、養成講座テキストの基礎的な内容や常識的に解けてしまう☆マークの問題は、全25問ありました。

それらを落とさず得点するとともに、難しい設問、資料等からの設問については、最低でも10問を正解する必要があります。知らない知識は消去法で、知っている知識は積極法で正解を導いていきましょう。

応援しています!

コメントを残す