第3回問41~問50の解き方

第3回キャリアコンサルタント試験学科試験問題を徹底解説!

選択肢の正誤と解説、参考文献をお伝えします。問題は試験実施機関よりダウンロードしてご用意ください。

全50問の目次

問41.自己理解、仕事・職業理解に役立つツール

 養成講座テキストに記述の無いものもありますが、支援ツールについて出題されたものについてはまとめておきましょう。

1.× VRTカードは、職業レディネス・テストをカードにしたものであり、興味カード54枚、分類カード6枚、結果・記録シート1枚、結果・整理シート1枚から構成されている。【木村先生P280】

2.○ カード式職業情報ツールOHBYカードは、48枚のカードを使って自己理解や職業理解を進めるためのツールである。【木村先生P278】

3.× CSP(キャリア・シミュレーション・プログラム)は、大学生等や若年者向けに開発された、就職後の職業生活のイメージを伝えるためのグループワーク型の授業やセミナー用の教材である。【労働政策研究・研修機構】 

4.× CADS&CADI(キャッズ&キャディ)は、企業の従業員を対象に、どのような能力を身につけてきたか、自分はどのような傾向があるのかといった自己理解(気づき)を行うためのツール。説明の内容は、選択肢3のCSP(キャリア・シミュレーション・プログラム)のもの。【中央職業能力開発協会

問42.職業分類

 細かい点も問われていますが、本問で問われている内容はあらためて確認しておきましょう。

1.○ 日本標準職業分類(JSCO)は、総務省が作成し、主に統計調査に用いることを目的としてつくられている。【テキスト5-P47】

2.○ 厚生労働省編職業分類(ESCO)は、求人や求職のマッチングに用いることを目的としてつくられている。【テキスト5-P47】

3.× 日本標準職業分類(JSCO)と厚生労働省編職業分類(ESCO)の大分類は、具体的名称に若干違いはあるものの、概ね同じような区分で分類がされている。【テキスト5-P48】

4.○ 厚生労働省編職業分類(ESCO)は、大分類11、中分類73、小分類369に加え、細分類892まで分類している。【テキスト5-P47】

 楽習ノート「仕事理解の支援

問43.方策の実行

 全て木村先生の著書(P300)からの出題ですが、積極的に1を不適切と選べる問題です。

1.× 「カウンセリング・プロセスの中でクライエントは、受動的ではなく積極的な役割を果たすことができる。」【木村先生P300】

2.○ 「1つを選択することは、他を捨てることである。」【木村先生P300】

3.○ 「意思決定は完璧性を求めるのではなく、複数の可能性を見いだすようにはげますことである。」【木村先生P300】

4.○ 「意思決定のタイミングは、その内容と同様に重要である。」【木村先生P300】

問44.方策の実行

 木村先生の著書からの出題ですが、2と3は支援の基本姿勢として不適当です。1と4のいずれが適切かの判断は、それほど難しくはないでしょう。

1.× 「方策とは、カウンセリングの目標を達成するための行動計画(action plan)のことである。」【木村先生P296】

2.× 強制的に実行させる、は支援の基本姿勢から外れる。

3.× 「方策の内容、進め方を、各ステップごとにクライエントに十分説明したか。」という点を自問自答、確認する必要がある。【木村先生P297】

4.○ 「方策の実行全体をチェックする。」、「していない場合はあらためて実行するか、内容を検討して別の支援を考える。」【木村先生P299】

問45.方策の実行

 支援の基本姿勢を拠り所に判断しましょう。

1.○ 「メリット、デメリットを比較検討し、最もそのターゲットを実現するために適当なものを1つ選ぶ」【木村先生P297】

2.○ 「方策の内容、目的、原理、プロセス、結果、結果から得られる利点と損失、しなければならない諸活動などをクライエントに説明することである。」【木村先生P297】

3.× 相談者を説得・誘導するのではなく、「クライエントのニーズに合うよう方策を変更する。」【木村先生P297】

4.○ 支援の基本姿勢として、方策の実行は、相談者の責任で行う。

 

問46.面談の終結

 支援の基本姿勢に照らし、あり得ないものから消していきましょう。自ずと正解が見えてきます。

1.× キャリアコンサルタントの満足度は、面談に関係ない。キャリアコンサルタントが満足するまで継続は異様。 

2.○ 到達した程度などを総合的に判断してカウンセリングを終了するか決定する。【木村先生P309】 

3.× 常にキャリアコンサルタントの判断は、言い過ぎ。「クライエントの同意を得て、カウンセリングを終了する。」【木村先生P308】

4.× 最善は言い過ぎ。再就職支援においても、就職後のフォローアップも当然含まれる。【木村先生P338】

問47.キャリアコンサルティングとネットワーク

 キャリアコンサルタントとしての基本姿勢から正答を導くこともできますが、キャリア・コンサルティング協議会が作成している、キャリアコンサルタント倫理綱領を一読しておきましょう。

 キャリアコンサルタント倫理綱領

1.× キャリアコンサルタント同士のネットワーク「のみ」はない。「キャリアコンサルタントは、より質の高いキャリアコンサルティングの実現に向け、他の専門家とのネットワークの構築に努めなければならない。」【キャリアコンサルタント倫理綱領】

2.× インターネットも情報源として有用であるが、他の専門家との繋がり、ネットワークとは別の次元で重要である。

3.○ 「 キャリアコンサルタントは、必要に応じて他の分野・領域の専門家の協力を求めるなど、相談者の利益のために、最大の努力をしなければならない。」【キャリアコンサルタント倫理綱領】

4.× 学校や医療機関とのネットワークは必要。事例としては、学校におけるキャリア教育支援での役割や、入院中の従業員(クライエント)の職場復帰の支援などがある。

(広告)キャリ魂塾さんの過去問解説

問48.スーパービジョン

 スーパービジョンに関しては、常識的なアプローチで解ける問題が多い傾向です。テキスト等で該当箇所を一読しておきましょう。

1.× 「キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルティングに関する知識・技能を深める、上位者からの指導を受けるなど、常に資質向上に向けて絶えざる自己研鑚に努めなければ ならない。」【キャリアコンサルタント倫理綱領:PDF

2.× カウンセリングスキルの向上は、言うまでもなくスーパービジョンでの重要な課題。【テキスト5-P115】

3.× スーパーバイザーの変更や、複数のスーパーバイザーへの相談は可能である。セカンドオピニオン的に指導を受ける場合もありうる。

4.○ スーパーバイジー(指導を受ける人)にとっては、感情、思考、行動への気づきなどにより、クライエントとの関係への影響を理解したり、介入方法の検討にもつながる。【テキスト5-P115】

問49.主な精神疾患や障がい(うつ病)

 主な精神疾患の内容とその治療については、厚生労働省の「みんなのメンタルヘルス総合サイト」がよくまとまっており、読みやすいです。精神疾患のそれぞれの特徴、主な治療法を整理しましょう。

みんなのメンタルヘルス(厚生労働省)

1.× うつ病の主な治療方法は薬物療法であり、心理療法の併用が効果的である。【テキスト4-P124】

2.× うつ病の症状には、幻覚・幻聴はない。それが症状となる疾病には、統合失調症がある。【テキスト4-P123】

3.× うつ病では、食欲低下の症状がみられる。【テキスト4-P123】

4.○ うつ病では、興味・喜びの喪失、疲れやすさ、罪責感、思考力・集中力の低下がある。【テキスト4-P124】

 楽習ノートでのまとめはこちらへ「主な精神疾患や障がい

問50.職場復帰支援の手引き

 常識的なアプローチからも選択肢1を選ぶことができますが、職場復帰の手引きは頻出であるとともに、実務でも参照することがあるかもしれません。是非一読しておきましょう。

 心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き

1.× 手引きの記述より、「本人が安心して療養できるようにするためには、特に将来的な不安を軽減するためには、休業中の経済的・将来的な不安を軽減するための配慮が必要」とあり、具体的には傷病手当金等の情報の説明がある。【手引きP12】

2.○ 手引きの記述のまま。第2ステップからの出題。主治医による診断書の内容は、業務遂行能力まで回復しているか否かへの判断とは限らない。【手引きP13】

3.○ 手引きの記述のまま。第2ステップからの出題。主治医の判断と業務遂行能力の内容等を産業医が精査し、判断し、意見を述べる。【手引きP13】

4.○ 手引きの記述のまま。第2ステップからの出題。職場復帰の時点で求められる業務遂行能力はケースごとに多様なものであることから、このような依頼を行うことが望ましい。【手引きP13】

参考文献・資料

日本マンパワーキャリアコンサルタント養成講座テキスト

キャリアコンサルティング理論と実際4訂版木村周著(雇用問題調査会2016年)

キャリア・コンサルティング協議会

厚生労働省、中央職業能力開発協会、

労働政策研究・研修機構 

全50問の目次