試験当日の注意点。みんなで合格しましょう!

明日はいよいよ決戦です。

明日、持てる力を存分に発揮するために、気力と体力が充実していることも、大切なことです。今日やる!と決めたことを終えることができましたら、夜はリラックスをして早めに休みましょう。

でも、今日やったことはきっと忘れませんから、気になるものがありましたら、総ざらい確認しておきましょう。

ここまできますと、あとはみなさんの頑張り、明日のご健闘にお任せすべきなのかもしれませんが、元来、心配性でおせっかいな性格ゆえ、最後の応援メッセージに代えて、試験当日の注意点についてお伝えします。

明日の天気と何を着ていくか?スマートウォッチにご注意を。

明日の天気予報を確認したところ、北海道、東北、九州は穏やかな晴れでしょうか、ただ、太平洋側は曇りの予報が多いようです。明日朝の天気予報を確認しましょう。

ウェザーニュース

気温は概ね平年並みから、やや暖かいようですが、新型コロナ感染症対策のため、窓開けによる換気の実施が各会場で予想されます。

窓側、廊下側など、席によっては冷えるかもしれません。

冷えに弱い方は特に、気温の変化に対応できるよう、上着や肩や膝に掛けられるものをご用意ください。逆に暖房直下、などのケースもありえます。

なお、明日は学科試験と論述試験の筆記試験ですから、服装はまったくの自由です。何を着ても大丈夫です。力を存分に発揮できるよう、リラックスでき、できれば、体感温度を調整できる服装が良いでしょう。

ご自身が楽ちんな格好で良いです。

明日朝は早めに天気と交通機関の情報をチェックして、持ち物を最終確認しましょう。鉛筆(シャープペン)、消しゴムを忘れずに。なお、Apple Watchなどのスマートな時計をお使いの方は使用出来ませんので、普通の時計をお持ちください。

会場には早めに到着しましょう。

会場までの経路を確認し、時間には余裕を持って到着するようにしましょう。到着後すぐに入室できれば良いのですが、コロナ対策のため入室時間まで待機が求められる可能性もあります。その場合には暖かい場所を探して待ちましょう。

お手洗いは、特に女性用が大変混雑すると、よく聞きます。喫茶店などの待機場所などで済ませておくのもおすすめです。

また、JCDAの東京会場の一つである、昭和女子大学では男子用が少ない可能性があります。ご注意ください。

待機時間には、今日までにやり込んだ教材や、最後に確認しておきたい問題やまとめなどを持参して、頭の体操、思い返しをしながら、心を整えましょう。

なお、今日までにどうしても覚えられなかったもの、何度も間違えてしまったものなどは、スマホで写真を撮るなどして、移動時間や待機時間に眺めましょう。

当日朝に確認、無理やりにでも覚えたものが、なんと出題されたのですよ、というお声は、意外とよく聞きます。

試験開始の合図のあとは、静かに深呼吸しましょう。

学科試験は一分一秒を争う、時間との戦いになることはありませんので、慌てて着手する必要はありません。

まずは深ーく、深呼吸をしましょう。

心を落ち着かせてから、問題用紙をめくりましょう。

後述しますが、第1問からではなく、お好きなゾーンから解いても良いのです。

問題の指示や表現はチェックして確認しましょう。

緊張感が成すものなのか、人間らしさゆえか、人はついつい誤解や思い込みをしてしまうものです。先入観を排してフラットな気持ちで問題に取り組みましょう。

問題文の「適切なもの」「不適切なもの」「適切(不適切)なものはいくつあるか」といった指示はアンダーラインや印をして印象づけましょう。

選択肢文章中の「であるorでない」などもそうです。

また、「すべて/だけ(のみ)」「できる/できない」「しなければならない/することができる」といった表現に気を付けましょう。

人はどうしても「思い込む」ものです。

誤解もするものです。本試験での緊張感や焦りの中では、尚更のことです。

これまでに、え?どうして私はこんな答えにしたのだろう? という経験がある方は、特に気をつけて下さい。

出鼻をくじかれないようにしましょう。特に問1には要注意です。

問1は通常、試験範囲の「社会及び経済の動向並びにキャリア形成支援の必要性の理解」の内容が出題されます。

これはいわゆる時事的な問題が出題されることが多く、タイムリーな内容ゆえ、これまでに未出題の内容や、未出題の資料から出題されることがよくあります。

その際には落ち着いて、持てる知識や経験からアプローチしましょう。落ち着いて、ご自身の知識と照らし合わせましょう。新資料で新問題ならば、それは出来なくても仕方ありません。

初見の問題は必ず、あるものです。

お馴染みの問題もまた、あるでしょう。

落ち着いて、出鼻をくじかれないようにしましょう。

心折れないようにしましょう。明日は、心を強く持ちましょう

捨て問題が毎回あります!

標準的な難易度の回でも5問以上、難易度の高い回では10問前後、正解を導くことが非常に困難な問題があります。

初出の内容でかつ、細かな内容が問われていたり、判断の決め手が見つからないような問題です。

こうした問題は「捨て問題」とみん合では名付けていますが、これは獲得できなくても仕方ありません。明日は、35問を獲得すれば良いのです。

難問が続いて冷や汗をかいてしまいそうになったら、深く深呼吸をして、呼吸を整えましょう。

35問は取れるように試験問題が作られているはず、と思ってください。

第4回や第9回、そして第17回のような難回であっても、合格した方は確かにいるのですし、難回の合格者のみなさんも、みなさんと同じように準備をした結果であって、何か特別な講義を受けたというわけでもないでしょう。

これまでに積み重ねたものを、発揮してきてください。

自分が受けた時が一番難しい。

試験終了後にはよく、こんなお声が聞こえてきます。

今まで解いた問題で一番難しかった」と。

これは、実際の難易度や合格率とは無関係に、毎回聞こえてくるお声です。

きっと、過去問を演習するときとは緊張感も、集中力も違うことでしょう。確信をもって答えることができない問題の迷いもあるでしょう。

迷うと冷や汗が出てくるものです。

これは過去問の学習時にはなかなか無い経験です。

そうした冷や汗問題の印象がとても強く残るものですが、過去問に出ていない問題は、実は毎回出題されています。

冷や汗も出るものですが、諦めずに答えを出しましょう。

見直しはほどほどにしましょう。

また、いつも聞こえてくる声に次の悔しいお声があります。

迷ったあげく、「見直して、直さなきゃ良かった」というお声です。

一概には言えませんが、指示の見誤りや見落とし、上記の「適切/不適切」のような明らかな誤解をしている場合を除いては、最初に出した答えに、自信を持った方が良いのではないかと、私見ですが思います。

難問は、一度熟考して出した答えに賭けてみましょう。

迷い始めると…(汗)焦りにも繋がります。

本問はもしもダメでも、他の箇所で35問を確保していく、と切り替えましょう。

修正は慎重に

それから、もしも修正をした際には、マークミスにはくれぐれも気を付けましょう。指差し確認をするなどして、印象付けましょう。

最後の見直しは、マークミスのチェックをしましょう。

捨て問「もどき」もある。

そして、「これ捨て問題?」と思いきや、そうでもないぞ、という問題もあります。

3つの選択肢の判断が非常に難しいのに対して、1つの正答選択肢のみ、容易に判断が可能な問題というのは、過去問などでも解いたことがあるのではないかと思います。

一見して難しそうに見えても、戦意喪失しないようにしましょう。

諦めずに食らいつきましょう。

会場では唸らされたが、家に帰り見返してみたら、容易に回答できた、という問題もあります。

心が折れてしまいそうになったら。

明日の試験の難易度については神のみぞ、知ります。

特に序盤や中盤では、難しい問題が続くことも珍しくありません。

難しい出題内容が続き、もしも心が折れてしまいそうになったときには、良い作戦があります。

例えば、問35前後から問50くらいまでの15問には、比較的解きやすい問題も多く、思いやりゾーンとも言えるような問題群があります。

逆に、問10前後から問25前後の15問ほどは、労働法規や人事制度、キャリア教育などで難問、そんなの知らないぞ、という問題が連続することが、これまでも多いです。

誰しも、わ、わ、むずい、と感じて、怖気づいてしまいそうになりますが、順番どおりに解かなくても良いのです。

後半の問題では支援の基本姿勢から、常識的に解ける問題もあるはずです。後半から着手する、という方もいらっしゃいます。

ただし、その際にはマークミスにはくれぐれもお気をつけ下さい。

焦りそうになりましたら、落ち着いて深呼吸をしましょう、心を整えましょう。

そして思いやりゾーンで得点を確保して心の落ち着きを取り戻したら、難問ゾーンに果敢に立ち向かっていきましょう。また、難問ゾーンで失点が続いたとしても、合格できると開き直りましょう。

35問の獲得が必達目標です。

難問や捨て問題は、そもそもあるものとして受け入れましょう。

ここまで勉強をしてきたのに、そんなの悔しいと思うかもしれませんが、満点や満点近くを取る方がほとんどいないということも、この試験の特徴の一つです。

前回の第17回試験では、受験生の65%が35問~40問であり、41問以上は少なく、約16%でした。(第17回アンケートより)

落ち着いて問題選択肢を検討し、35問を獲得してきましょう。

合否は紙一重の差でもあります。

そのため、試験の途中で心が折れてしまってはいけません

勇気をもって、果敢に選択肢を検討してみてください。諦めてはいけません。

明日は、やるべきことはすべてやった、と心を強く持ちましょう。

きっと、35問の正解は後から付いてくるでしょう。

お昼休みはリラックス♪

学科試験が終わりましたら、学科試験のことはひとまず忘れましょう。

振り返ってもプラスになることはありません。

いつも、午前の学科試験の内容が気になって、午後に集中できなかったという方がいます。

そんな方に限って、学科試験は自己採点をしてみたところ合格していた、というのもよくあるお話でして、出来ることなら、落ち着いて論述試験をやり直したいとおっしゃいます。

昼休みの時間はだいぶ長いですから、お昼ごはんをゆっくり食べて、論述試験に集中できるよう、リフレッシュしましょう。

コロナ対策の中での試験実施のため、お昼休みを過ごす空間については、各会場で何とも言えません。会場外に出ざるを得ないこともあると思いますが、なんとか落ち着ける場所、できれば暖かい場所を確保しましょう。

勉強仲間と顔を合わせると、学科試験の答え合わせをしたくなってしまいますが、それに一喜一憂すると気持ちが疲れてしまいますから、答え合わせは(気になりますが)やらないほうが良いかと思います。

学科試験は合格していると思い込み、一旦忘れて、午後を過ごしましょう。

気になる学科試験の答えは、みん合が出しておきます。

論述試験の注意点

論述試験について、私がお伝えしたいことは、問題文、逐語録をまずはじっくりとよく読んで、「指示を守って解答欄を埋める」ことです。

指示内容については、過去問などからの先入観を、一旦どこかに置いておきましょう。指示内容や問いの数などの変化があっても落ち着いて対応しましょう。変化は時折あるものです。

指示内容をよく読まずに書き始めてしまう方がいますが、そのために二度手間や焦りを生んでしまったりします。

特にJCDAでは時間との戦いになることが多いです。

論旨や文章に自信がなくても、全ての問題に答えましょう。

記入をしていないと採点はされません。また、無駄な減点を防ぐために、欄外への記入はしない、などの指示は必ず守りましょう。

論述試験で高得点を取るのは大変ですが、低得点の方は少ないのが論述試験のこれまでの特徴です。指示の見落としによる失点や、制限時間にはお気をつけください。

合格をお祈りしています。

様々な状況のなかで、みなさんは今日まで、頑張ってきたのです。

やり残したことがあっても、ベストは尽くしたと自負しましょう。

そして、明日は成果を出してきましょう。

焦りそうになったら、深呼吸をして、最後まで諦めずに、心を整えて。

みんなで合格しましょう。

今日までのご努力が結実することを力を、心よりお祈りしてます。

なお、明日31日の夜には解答速報を公開する予定です。衆議院議員選挙の開票速報よりも早く出せるように頑張ります。

みんなの当確が出ますように♪

ファイト!

みんなで合格☆キャリアコンサルタント試験

原田 政樹

             

6件のコメント

  • user1234

    当日の注意事項、しっかりと守っていきます。最後まで諦めず粘って粘っていき、人事を尽くして天命を待てる状況にします。これまでの貴重な情報提供並びに励ましのお言葉ありがとうございました。

    • cocostudy

      コメントをありがとうございます。
      そうですね、人事は尽くしています。

      明日は落ち着いてベストを尽くすことができれば、きっと合格です。
      ご健闘と合格を、心よりお祈りしています。
      大丈夫です。応援しています。

  • Suzie

    最後の最後まで、愛にあふれたあたたかい励ましと貴重なアドバイスをありがとうございます!
    行ってきます!

    • cocostudy

      Suzieさん
      合格をお祈りしています。ファイト!!

  • RUMI

    応援メッセージありがとうございました。とても心強かったです。

    • cocostudy

      RUMIさん
      コメントをありがとうございます。学科試験、おつかれさまでした。

コメントを残す