フォーマル・アセスメント(1)

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用ください。

フォーマル・アセスメントの特徴

信頼性

・検査の「信頼性」とは、測定された結果が安定しているかどうかをいう

・信頼性検討のための方法

①2度試験する 再検査

②2群にわけて相関係数をみる 折半

③信頼性係数を出す 内的整合

妥当性

・妥当性検討のための方法

①どれだけ反映しているか 内容的妥当性

②類似検査とどのくらい相関があるか 基準関連妥当性

③検査が意図どおりの測定をしているか 構成概念妥当性




フォーマル・アセスメントの種類と内容

分類 性格特性 興味
検査名 Y-G性格検査 VPI職業興味検査
目的 客観的な性格特性の情報入手 職業興味の面からの自己理解
対象 中学、高校、大学、企業、鑑別所等 学生、転職希望者
方法 120の質問文 160の具体的な職業に対する興味・関心
内容 12の性格特性から5つの型 6つの職業興味領域と5つの傾向尺度
測定 平凡型、不安定積極型、安定積極型、安定消極型、不安定消極型 RIASEC、Co尺度(自己統制)、Mf尺度(男性)、St尺度(地位)、Inf尺度(稀有)、Ac尺度(黙従)
スコア パーセンタイル パーセンタイル
活用 生活指導、学生相談、職場配置等 就職、転職
発行元 竹井機器工業株式会社 株式会社日本文化科学社

 

分類 興味・能力 性格
検査名 適職診断検査CPS-J 日本版MBTI
目的 職業興味能力に関する自己評価 の機能と態度の側面からの性格
対象 学生向け/一般向け 一般・大学・企業
方法 150項目の検査Ⅰ(興味検査)と15項目の検査Ⅱ(能力自己評価検査)  
内容 6つの基本的志向性と15種類の仕事に関する能力 4指標で表され16のタイプに類型化
測定 ホランド・タイプ(RIASEC)、対人関係力、事務的能力、芸術的創造力など ものの見方(感覚S-直観N)、ものごとの判断のしかた(思考T-感情F)、興味・関心の方向(外交E-内向I)、外界の接し方(判断的態度J-知覚的態度P)
スコア ワールド・オブ・ワークマップ  
活用 大学生向け=就職支援、一般向け=採用試験や職場配置、就職関連セミナー キャリアカウンセリングのみならずチームビルディングや異文化理解のトレーニングにも活用される
発行元 株式会社日本マンパワー 一般社団法人日本MBTI協会

 

分類 適性 心理
検査名 GATB厚生労働省編一般職業適性検査 内田クレペリン精神検査
目的 職業適性の把握 精神作業の特徴を見る
対象 企業 病院、教育現場、企業
方法 15種の下位検査(11種は紙筆検査、4種は器具検査) 1桁数字の加算作業、15分の作業を5分の休憩をはさみ2度繰り返す「30分法」
内容 9種の適性能 作業効率、誤答率、作業率の変化等。非言語性の検査
測定 知的能力、言語能力、数理能力、書記的能力、空間判断力、形態能力、運動能力、指先の器用さ、手腕の器用さ 「人が作業するときの能力」+「その能力を発揮するときの特徴」=タスク・パフォーマンス
活用 企業における配置、配属先決定 病院、産業、教育現場(生徒指導、進路指導等)、就職試験や人員配置
発行元 一般社団法人雇用問題研究会 日本・精神技術研究所

 

分類 興味 性格
検査名 新版職業レディネス・テスト エゴグラム
目的 基礎的志向性と職業志向性把握 個人の自我状態(行動パターン)を調べる
対象 中学、高校、20歳前後 18歳以上
方法 A、B、C検査 機能分析(行動を観察)
内容 A検査-職業興味、B検査-基礎的志向性、C検査-職務遂行の自信度 5つの自我状態
測定 AとCを組み合わせて職業志向性を捉えることができる。その尺度は、ホランド・タイプ 支配的親(CP)、養育的親(NP)、成人(A)、自由な子ども(FC)、順応した子ども(AC
活用 中高生へは進路選択の関心意欲向上、就職活動の学生には就職先を絞るための活用 教育・医療や看護・企業など人間関係があるいたるところで応用されている。目標を明確にし、低い自我状態を高める
発行元 一般社団法人雇用問題研究会 新版TEG(東大式エゴグラム)金子書房他

VRTカード=職業レディネス・テストのカード版のこと。

アセスメント・ツールの実施に際しての注意

1.アセスメントの目的を明らかにし、目的外の実施はしてはならない

2.そのアセスメントについて熟知していること

3.実施前にインフォームド・コンセント(説明と同意)をクライエントに行うこと

4.アセスメント結果の解釈は柔軟に行うこと

5.検査結果をクライエントに共有すること

6.検査の結果だけに頼らないこと