復職支援の手引き

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用ください。

職場復帰支援の基本的考え方

休業開始から通常業務への復帰までの流れを明確にした、事業場職場復帰支援プログラムを策定する必要がある

職場復帰支援の流れ

第1ステップ 病気休業開始、休業中のケアの段階 安心して療養に専念するよう働きかける
第2ステップ 主治医による職場復帰可能の判断の段階 本人からの職場復帰の意思表示、診断書の提出、職場復帰支援のための面接
第3ステップ 職場復帰の可否の判断および職場復帰支援プランの作成の段階 情報収集と評価、可否判断、復職後のフォローアップなどの検討
第4ステップ 最終的な職場復帰の決定の段階 労働者の状態の最終確認、最終的な職場復帰の決定
職場復帰
第5ステップ 職場復帰後のフォローアップの段階 心の健康問題を抱えている場合には、主治医と連携しフォロー




留意すべき事項

主治医との連携 事前に労働者への説明と同意
②職場復帰可否の判断基準 十分な意欲や安全な通勤、就労の継続など
③試し出勤制度等 模擬出勤・通勤訓練・試し出勤
④職場復帰後における就業上の配慮等 職場復帰後における就業上の配慮等 もとの慣れた職場に復帰し、まずは労働負荷を軽減し、段階的に元に戻す
⑤職場復帰における判定委員会の設置 職場復帰支援の手続きを組織的に実施できる
⑥職場復帰する労働者への心理的支援 事業場内産業保健スタッフ等と相談しながら適切な支援
⑦事業場外資源の活用等 地域障害者職業センターが行う「職場復帰支援(リワーク支援)事業」や「職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援事業」、民間医療機関やいわゆるEAP等による復職支援プログラム、リワークプログラム、デイケア等の支援がある