主な精神疾患や障がい

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用ください。

精神疾患や障がいに見られる特徴

精神疾患や障がいによって、心ならずも意欲が出なかったり、自己探索にゆがみが出ている場合には、医療機関等にリファーする必要がある

疾患の種類 特徴
統合失調症 妄想・幻覚などの陽性症状と、思考の貧困や引きこもりといった陰性症状
慢性精神疾患の一つでかつては精神分裂病といわれた
出現頻度は100人に
原因は不明だが、ドーパミン仮説、脆弱性-ストレスモデルがある
ひどい場合は入院だが、外来治療で対応できるケースも多い
うつ病 抑うつ気分、食欲低下、睡眠障害や疲れやすさがある
気分障害の一つ
生涯有病率は男性5~12%、女性10~25%で女性の方が多い
几帳面で真面目なタイプに多い
薬物療法が主な治療方法で、心理療法を併用するが、自殺の危険性がある場合には入院治療が必要
神経症 心理的葛藤による不安、恐怖、脅迫、不定愁訴などの症状
症状にあわせ、不安障害、身体表現性障害、解離性障害と呼ばれる
抗不安薬などの薬物療法と心理療法を併用
人格障害 人格がゆがんでひどく偏っているために適切な判断・行動や感情抑制ができずに、円滑な社会生活や対人関係を営めない
周囲の人も苦しめられることが多い
一時的ではなく、持続的・恒常的で長期にわたることが多い
最近は、パーソナリティ障害とも呼ばれる