ナンシー・K・シュロスバーグの理論

Check Sheet ONOFF

Check Sheet機能をご活用ください。

シュロスバーグといえば…転機

イベントとノンイベント

転機とは…。

①ある出来事が起こること。⇒イベント

②予期したことが起こらないこと。⇒ノンイベント

転機は、通常、次の4つのうち1つまたは2つ以上の変化を伴う。

役割:人生の役割がなくなったり変化したりする

関係:大事な人との関係

日常生活:物事をいつ、どのように行うかの変化

自分自身に対する見方:自己概念に影響

転機の影響度を決める3要因

1.転機そのもの
転機の種類(3つ) 内容
予期していなかった転機 事故、死、病気、失業など
②自分自身が決断して生じさせた転機 結婚、転勤や昇進、子の誕生など
③正常な発達過程の通過点として生じる転機 子供の独立、加齢、退職など

転機を評価する4つの視点⇒転機の①深刻さ、②タイミング、③コントロール、④持続性

2.本人
対処する能力の特徴 内容
①人生全体に対する見通し 本人が人生を肯定的or否定的に捉えているか?
コントロール 人生をコントロールor宿命?
対処スキル ストレス解消の仕方や意思決定、行動
過去の経験 以前の転機の経験
3.支援システム

支援があれば、転機の難度は下がる。

、②物的資源、③公的機関や民間団体

転機の乗り切り方を教える

第1段階:リソースを点検する

4つのS = ①Situstion(状況) ②Self(自己) ③Supports(支援) ④Strategies(戦略)

第2段階:変化を受け止める

戦略を選び取り、行動計画を立てる。

その他の代表的な転機の理論:ウィリアム・ブリッジスの理論

トランジション(人生の転機)の心理的プロセス

①「終わり」→②「ニュートラル・ゾーン」→③「始まり」

「変化とは状況が変わることであり、トランジションとは心理的に変わることである」