技法動画や気になる資料が続々と発表。

厚生労働省より、気になる資料や動画が発表されました。いずれもキャリアコンサルタントになる方、既にキャリアコンサルタントの方にとって必見の資料、動画といえるでしょう。

「労働者等のキャリア形成における課題に応じたキャリアコンサルティング技法」

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/career_consulting_gihou.html

若者編、女性編、中高年編に分けたケース研究(ロープレ)動画もあり、具体的で参考になります。

【女性編】

【中高年編】

「セルフ・キャリアドック導入支援事業 最終報告書」

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kigyou_gakkou.html

セルフ・キャリアドックの実施内容、成果と課題がレポートされています。事例も多くボリュームもありますが、各社の成果と課題に違いもあり、大変、興味深い資料です。

「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し等に関する報告書」

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000199219.html

「より役に立つキャリコン」の良質両面での養成・活躍促進を期すため、養成講習の時間数を増加など、具体的な提案もされています。報告書であって決定事項ではありませんが、今後のキャリコン資格、技能士資格の方向性を示す一つの指針になっていくと思われます。

コメントを残す