第7回問46~問50の解き方

第7回キャリアコンサルタント試験学科試験問題を徹底解説!

問46.自己理解の支援

 問題文Cに誤りがあり訂正がありました。VPI職業興味検査はホランドによって開発されたVPI日本版であり、6種類の興味領域と5種の傾向尺度を測定します。

A.○:興味領域は、現実的、研究的、社会的、慣習的、企業的、芸術的の6領域である。【木村先生P244】

B.×:興味や自信の尺度の強さであり、進路選択の方針を決めているかどうかがわかるものではない。【木村先生P245】

C.×:問題文に誤りがあり、「興味領域尺度」から「傾向領域尺度」へ修正されています。傾向領域尺度は自己統制、男性-女性傾向、地位志向、稀有反応、黙従反応といった個人の特性を測定するものである。【木村先生P244】

D.×:むしろ分化していない。未分化の状態である。【ジルP27】

問47.ネットワークの認識及び実践

 支援の基本姿勢から正答を導くことができる問題でした。疾患の「診断」については時折出題されていますが、キャリアコンサルタントは、医師ではありませんので…(汗)。

1.○:適切である。

2.×:キャリアコンサルタントは精神疾患等について自身で「診断」することはできない。[第4回問5][第6回問35]

3.○:適切である。

4.○:適切である。

問48.キャリアコンサルタントとしての姿勢

 支援の基本姿勢から常識的にアプローチしましょう。

1.○:適切である。

2.○:適切である。

3.○:適切である。「この法律において『キャリアコンサルティング』とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいう。」【職業能力開発促進法第二条の五

4.×:キャリアコンサルティングの成果の評価は、両者で行う。「クライエントとカウンセラーが、目標に照らしてどこまで到達したか、成果を評価する。」【木村先生P308】[第1回問41][第2回問46][第3回問33][第5回問45]

問49.メンタルヘルスの知識

 精神疾患の種類と特徴については、厚生労働省の「みんなのメンタルヘルス」が詳しく、過去の出題においても出典になっています。各疾患の特徴を押さえておきましょう。[第2回問49][第3回問49][第4回問49]

みんなのメンタルヘルス

1.○:「うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。」【みんなのメンタルヘルス】なお、薬による治療と合わせ、認知行動療法もうつ病の治療に効果が高いとされている。

2.○:「適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。」【みんなのメンタルヘルス】なお、ストレス因が取り除けない状況においては、カウンセリングも有効な治療法である。

3.○:「突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、そのために生活に支障が出ている状態をパニック障害といいます。」【みんなのメンタルヘルス】なお、薬による治療とあわせ、少しずつ苦手なことに慣れていく心理療法が行われる。

4.×:「双極性障害では、ハイテンションで活動的な躁状態と、憂うつで無気力なうつ状態をくりかえします。」 【みんなのメンタルヘルス】問題文は統合失調症の説明である。「統合失調症は、こころや考えがまとまりづらくなってしまう病気です。そのため気分や行動、人間関係などに影響が出てきます。」【みんなのメンタルヘルス

メンタルヘルスの知識の出題実績は、第2回が解離性障害、双極性障害、適応障害、統合失調症、第3回がうつ病、第4回がうつ病、強迫性障害、アルコール依存症が出題されており、第5、6回は睡眠指針でしたが、再び具体的な疾患の内容が問われました。

問50.メンタルヘルスの知識

 問50の出題実績は、ストレスチェック(第1回)、メンタルヘルスの4つのケア(第2回)、職場復帰支援(第3回、第5回、第6回)、ストレス全般(第4回)ですが、今回は

こころの耳(働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト)

1.○:「このサイトの目的は、職場のメンタルヘルス対策(自殺予防対策を含む)及び過重労働対策について、事業者、労働者、家族等への的確な情報提供の基盤を整備することです。」【こころの耳

2.×:「こころの耳」の相談窓口は、電話とメールにより行っている。【こころの耳

3.○:セルフチェック、用語の解説、職場復帰の事例などいずれも存在している。【こころの耳

4.○:メンタルヘルスケアは、未然に予防する一次予防、適切な対応を行う二次予防、職場復帰支援を行う三次予防に分けられる。【厚生労働省:PDF(P21)】

参考文献・資料

キャリアコンサルティング理論と実際4訂版木村周著(雇用問題調査会2016年)

職業能力開発促進法

みんなのメンタルヘルス

こころの耳

厚生労働省

全50問の目次