第11回問26~問30の解き方

第11回キャリアコンサルタント試験学科試験問題を徹底解説!

問26.労働関係法令及び社会保障制度の知識

 2019年4月よりすべての使用者に対して、「年5日の年次有給休暇の確実な取得」が義務付けられました。制度の概要は下記の資料が役に立ちます。確認しておきましょう。

 年5日の年次有給休暇の確実な取得

1.×:使用者は、労働者が雇入れの日から6か月間継続勤務し、その6か月間の全労働日の8割以上を出勤した場合には、原則として10日の年次有給休暇を与えなければならないが、パートタイム労働者等、所定労働日数が少ない場合においても、所定労働日数に応じて比例付与される。【P3】

2.○:計画的に取得日を定めて年次有給休暇を与えることが可能だが、労働者が自ら請求・取得できる年次有給休暇を最低5日残す必要がある。【P4】

3.○:退職の際、残日数に応じて調整的に金銭の給付をすることは、必ずしも労働基準法に違反するものではない。

4.○:付与された年次有給休暇の有効期限は2年間である。【労働基準法第115条

問27.労働関係法令及び社会保障制度の知識

 労働関係法令から幅広く内容が問われた問題です。

A.○:「事業主は、労働者の募集及び採用について、その性別にかかわりなく均等な機会を与えなければならない。」【男女雇用機会均等法第5条

B.○:雇用保険の雇用継続給付には、高齢者雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付がある。【ハローワークインターネットサービス】[第4回問26]

C.×:2018年(平成30年)4月より民間企業の法定雇用率は2.2%である。国、地方公共団体は2.5%、都道府県等の教育委員会は2.4%である。【厚生労働省】[第1回問22]なお、法定雇用率達成企業の割合は、平成29年度で50.0%である。

D.×:労働者災害補償保険法(労災保険法)には、中小企業主、自営業者、家族従事者などが加入できる特別加入制度がある。【厚生労働省】[第5回問27]

問28.グループアプローチの技能・知識

 グループアプローチに関する出題はほぼ毎回出題されています。木村先生の著書を中心に対策しておきましょう。

1.×:グループアプローチの一つである、構成的グループ・エンカウンターは、「今日、教育、医療福祉、地域、産業などの分野で広く使われている」。【木村先生④P318、⑤P312】

2.×:構成的グループエンカウンターは、1970年代後半に國分康孝により創始された。【木村先生④P318、⑤P312】

エンカウンターグループは、非構成的(ベーシック)エンカウンターと、構成的(グループ)エンカウンターに大別することができます。【参考サイト:心理学用語集サイコタム

3.○:ソーシャルスキル・トレーニング(SST)は後の問33でも大問として問われており、学習理論に基づく、認知行動療法のひとつである。【ジルP132】

4.×:「問題解決に資することを目的にするグループ活動」である。【木村先生④P316、⑤P310】

問29.キャリアシートの作成指導・活用の技能・知識

 履歴書等のキャリア・シートの作成は相手にアピールするための自己紹介文の作成です。書き方等については、木村先生の著書に詳述されており、これまでの出題も多いです。

1.×:これまでも類題があるが、作成するのは本人である。

2.×:履歴書は「正確、丁寧かつ積極的、個性的に書く」ことによって、相手にアピールする。【木村先生④P247、⑤P248】

3.×:「どのような相談者であっても」ということはない。年齢や経験した職業の多寡などによって工夫すべきである。

4.○:「職務と関連する地域活動、余暇活動、趣味等も書く」。【木村先生④P248、⑤P250】

問30.相談過程全体の進行の管理に関する技能・知識

 キャリアコンサルティングの基本的態度に関する基礎的な出題ですが、やや積極的に正答を導くことが難しい問題で、消去法でアプローチしましょう。不適切選択肢のピックアップは比較的容易でした。

1.×:コラボレーションは、文字通り協働することであり、それぞれ独立して課題解決に取り組むことではない。

2.○:木村先生の著書においても、コンサルテーションの機能は、キャリア・カウンセリングの特徴としてあげられているが、異なる分野の専門家への照会(コンサルテーションについては、厚生労働省の資料においても明記されている。【厚生労働省資料P25:PDF

3.×:リファーすることは、医師(特に精神科医)に相談者を紹介することに限られない。

4.×:インテーク面談は、初回に行う面談であるが、検査をすることではなく、クライエントとのカンセリング関係を樹立することである。【木村先生④P291、⑤P285】

参考文献・資料

年5日の年次有給休暇の確実な取得(PDF)

労働基準法

男女雇用機会均等法

ハローワークインターネットサービス

厚生労働省

心理学用語集サイコタム

キャリアコンサルティング理論と実際5訂版木村周著(雇用問題調査会2018年)

問31~問35へ進む

全50問の目次