【技能検定】第19回問06~問10の解き方

第19回キャリアコンサルティング技能検定学科試験問題を徹底解説!

選択肢の正誤と解説、参考文献をお伝えします。試験対策にお役立てください。

問6.キャリアに関連する理論の理解

 ホランドに関する基本的な問題です。ホランドはキャリアコンサルタント試験でも繰り返し出題されていますので、回数横断的に解いておくと安心です。

1.×:職業興味検査は確かにホランドの理論に基づいているが、知的能力の高さは測定できない。

2.×:「多くの人々のパーソナリティは、6つの類型に分けられる。」【木村先生P30】

3.○:「同じ類型に属する人と環境の調和的相互作用が、より安定した職業選択、より高い職業適応をもたらす」とした。【木村先生P30】

4.×:「あるパーソナリティ・タイプを持つ人は、同じタイプの職業を選択することによって、職業満足や、職業上の安定と業績を得ることができると考える」【ジルP25】

独立行政法人労働政策研究・研修機構の職業相談場面におけるキャリア理論及びカウンセリング理論の活用・普及に関する文献調査は当サイトでは機構の略名から「ジル」もしくは「ジル資料」と呼んでいます。学習しやすい資料で、PDF版は無料でダウンロードすることができます。

問7.キャリアに関連する理論の理解

 理論家とその理論の組み合わせを答える問題です。基礎レベルですので、復習をしっかりとしましょう。

1.×:文章からはスーパーのライフ・スペース(ライフステージ)を思わせる。【渡辺先生P38】

文献によって微妙に表現が違いますが、スーパーのライフ・スペース(ライフステージ)は、「子供、学生、余暇人、市民、労働者、配偶者、家庭人、親、年金生活者」【木村先生P36】

2.○:統合的なライフ・プランニング(統合的人生もしくは生活設計)といえば、ハンセン。【ジルP65】

ハンセンといえば、4Lも頻出です。正確に覚えておきましょう。

「労動 Labor」「愛 Love」「学習 Learning」 「余暇 Leisure」

3.×:キャリア・アダプタビリティの概念を提示したのはサビカスである。【渡辺先生P185】

4.×:社会的学習理論に基づく職業選択理論を初めて提示したのは、バンデューラであり、クルンボルツの理論は社会的学習理論に基礎をおいている。【渡辺先生P72】

問8.キャリアに関連する理論の理解

 「未決定」が望ましいという文章は、キャリアコンサルタント試験第4回問8でも同じ意図で出題されています。また、選択肢2もキャリアコンサルタント試験第4回問8に同じ文章で出題されています。

1.○:未決定は、学習理論においては学習をもたらすために必要な望ましいものである。キャリアコンサルタント試験第4回問8とほぼ同様の文章。【渡辺先生P88】

2.×:予測システム、評価システム、決定システムの3つのステップの意思決定プロセスを提唱したのは、ジェラットである。キャリアコンサルタント試験第4回問8と全く同様の文章。【宮城先生P202】

3.×:4Sシステム(状況、自己、周囲の援助、戦略)を提唱したのは、シュロスバーグである。【宮城先生P139】

4.×:キャリアを「外的キャリア」と「内的キャリア」の2つの軸から捉えたのは、シャインである。【ジルP70】

問9.キャリアに関連する理論の理解

 特性因子理論、意思決定理論、社会的学習理論、発達理論の特徴を確認できる問題です。それぞれの特徴を整理しましょう。

1.×:パーソンズによる特性・因子理論の内容。自分自身と職業の関係について、合理的な推論を行いマッチングする。【木村先生P23】

2.×:ジェラット(ジラット)の意思決定理論である。【木村先生P24】

3.×:プランド・ハプンスタンス理論のベースとなっているのは、学習理論である。【渡辺先生P72】

4.○:スーパーは職業的発達の中核となるのは自己概念とし、その発達過程について、妥協と結合の過程であるとしている。【木村先生P36】

問10.基本的スキル2)グループアプローチスキル

 グループカウンセリングに関して、知識が無くとも常識的にアプローチすることもできる問題です。

1.×:グループカウンセリングでは、グループダイナミックスの効果が期待できるが、リーダーの果たすべき役割がある。リーダーの役割については、木村先生の著書に詳しい。【木村先生P328】

2.○:グループカウンセリングと個人カウンセリングの併用は当然に効果的である。

3.○:恩恵が受けられないこともありうる。

4.○:「同じ問題と関心を持つ人々が互いに情報を交換することの意味と有意義さを説明し、参加意欲を高めること」【木村先生P327】

参考文献・資料

新版 キャリアの心理学―キャリア支援への発達的アプローチ渡辺 三枝子著(ナカニシヤ出版2007) 

キャリアカウンセリング宮城まり子著(駿河台出版社2002年)

キャリアコンサルティング理論と実際4訂版木村周著(雇用問題調査会2016年)

職業相談場面におけるキャリア理論及びカウンセリング理論の活用・普及に関する文献調査(独立行政法人労働政策研究・研修機構)

問11~問15へ進む

全50問の目次