【技能検定】第29回問26~問30の解き方

第29回キャリアコンサルタント試験学科試験問題を徹底解説!

選択肢の正誤と解説、参考文献をお伝えします。試験対策にお役立てください。

問26.中高年齢期を展望するライフステージ及び発達課題の知識

 ハヴィガーストの発達課題の出題は両試験で珍しく、一瞬、身構えてしまいますが、「中年期」の時期に「一般的にありがちなもの、それほどでもないもの」を落ち着いて検討しましょう。

1.○:中年期の発達課題としてありうる。

2.○:中年期の発達課題としてありうる。

3.×:配偶者の死に適応することは、一般的には、中年期の発達課題とは言えないだろう。

4.○:中年期の発達課題としてありうる。

なお、ハヴィガーストは発達段階を、乳幼児期、幼児期、学童期、青年期、成人期、中年期、老年期の6つの段階に分類している。

楽習ノートプラスにて、発達理論のまとめを公開しています。

発達理論のまとめ

問27.中高年齢期を展望するライフステージ及び発達課題の知識

 エリクソンの発達段階と発達課題については、両試験において頻出です。同一性、親密性、世代性、統合性については、内容をよく確認しておきましょう。

なお、エリクソンの発達段階は8段階。エイトのエリクソンと覚えましょう。

1.○:自分の同一性と他者の同一性を融合し合う能力のことをいい、親密さの発達の結果として、一般的には結婚を可能する。【岡田先生P81】

2.×:エリクソンは、それぞれの発達段階において成長に役立つ要素と発達的危機の克服に焦点を当て、アイデンティティ(自我同一性)の概念を提唱した。【岡田先生P79】

3.×:成人期を四季に例えた「ライフサイクル」に焦点を当て、その発達は25年間続く4つの発達期を経て徐々に進むと考えたのは、レビンソンである。【岡田先生P78】

4.×:エリクソンの8つの発達段階のうち、世代性が発達課題となるのは、老年期の手前の成人期である。なお、世代性の内容については適切である。【岡田先生P82】

問28.人生の転機の知識

 人生の転機に関する理論家、シュロスバーグとブリッジズに関する間違え探し。ハンセン、サビカス、バンデューラの内容が織り交ぜられています。

1.×:「キルト」という小さな布を縫い合せながら大きな布を作っていく方法を象徴として用いているのは、ハンセンの統合的人生設計の考え方である。【渡辺先生P209】

2.×:これは、サビカスのキャリア・アダプタビリティの4次元である。【渡辺先生P97】

3.○:ブリッジズのトランジション(転機)は、終焉、中立圏、開始の3つの様相を示す。【岡田先生P86】

4.×:これは、社会的学習理論を提唱した、バンデューラの自己効力感を高める4つの情報源のうちの3つである。これらに加えて「言語的説得」がある。【渡辺先生P136】

自己効力感を高める4つの情報源の覚え方(語呂合わせ)

すいげん、だいじょ(水源、大事よ)

遂行行動の達成、言語的説得、代理経験、情動喚起

問29.人生の転機の知識

 シュロスバーグの転機に関する総合問題は頻出です。転機の捉え方や乗り越え方について、渡辺先生の著書でよく確認をしておきましょう。

1.○:人生上の出来事の視点から見た「トランジション」の内容であり、シュロスバーグのトランジション・モデルである。【渡辺先生P188】

なお、もう一つの「トランジション」の捉え方には、発達段階の移行期としての「トランジション」がある。これは各年代や発達段階に共通した発達課題や移行期があるとする捉え方である。【渡辺先生P188】

2.×:シュロスバーグは転機を、「期待していた出来事が起きたとき」、「予想していなかった出来事が起きたとき」、「期待していた出来事が起こらなかったとき」の3つに分類している。【渡辺先生P184】

3.×:シュロスバーグは転機や変化について、決して予測できるものでも、人生途上で誰もが共通して遭遇する出来事でもない、としている。【渡辺先生P186】

4.×:4つのリソースとは、転機に対処する資源(4S)を指していると思われるが、4Sの点検は、転機の乗り越えていくために行うものであり、転機の変化を最小限にするためではない。【渡辺先生P193】

問30.個人の多様な特性の知識

 「長期療養者」への支援という視点での出題は両試験を通じて初めてで、出典資料も初登場でしたが、相談者に寄り添う姿勢から判断しましょう。事前に対策をしていない資料からの出題であっても、諦めずに検討しましょう。

 就職支援ガイドブック-長期療養者とともに就職をめざす

出題は、すべてP16からです。支援におけるポイントは一読しておくと良いでしょう。

1.×:キャリアチェンジを迫られる時、それを受け止めることは容易なことではなく、前の仕事を諦めきれないという気持ちに寄り添い、本人が納得できるまで相談することが重要である。【P16】

2.×:本格的な就労までに助走期間が必要な場合や、これまでとは別の業種・職種の就職を目指す場合には、職業訓練を受講することも選択肢の一つとなる。【P16】

3.○:職業訓練の受講や入院などで、対面での相談の期間がしばらく空く場合には、電話等で連絡をとり、関係が途切れないように工夫することも重要である。【P16】

4.×:病名は必ずしも事業所に伝えなければならないということではなく、配慮を求める事項のみを伝えるといった方法もある。支援対象者の意向を確認し、どこまで伝えるかを予め確認しておくとよい。【P16】

参考文献・資料

働くひとの心理学岡田昌毅著(ナカニシヤ出版2013年)

新版キャリアの心理学渡辺 三枝子著(ナカニシヤ出版2018年)

就職支援ガイドブック-長期療養者とともに就職をめざす

問31~問35へ進む

全50問の目次