キャリア情報の種類

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用ください。

日本におけるキャリア情報

印刷物・出版物 職業ハンドブックOHBY(売ってない):若年者の入り口になるもの
シミュレーションによる情報 ロールプレイング、構成的エンカウンターグループ(小中高校)、模擬面接、ジョブクラブなどで、模擬的な職業や仕事場面を体験することにより、自分自身の心理的状態に気づくように情報提供する
コンピュータを利用した情報 コンピュータを利用したキャリア支援をCACGという(Conputer Assisted Career Guidance)。しごと情報ネット(官民合同)、ハローワークインターネットサービスなど

米国におけるキャリア情報

・国際労働機関(ILO)では、国際標準職業分類(ISCO)を定めている

職業分類 職業辞典(DOT) 約13,000の職業名と職業情報。現在ではDOTをデータベース化したO★NETが米国労働省から公開
職業情報 職業展望ハンドブック(OOH) 2年ごとに改訂版発行。OOHは全米就業者の85%の職業をカバーしている。米国労働省のウェブサイトから検索が可能。日本の職業ハンドブック(今は無い)のモデル。