カウンセリング療法(理論)のまとめ

Check Sheet ONOFF

Check Sheet機能を活用し、赤字箇所をマウスオーバーまたはタップしてご確認ください。

カウンセリング療法(理論)は大きく分けて、精神力動(精神分析)、ヒューマニスティック(人間性心理学)、認知行動の3つのアプローチに分類することができます。それぞれの療法(理論)、人名、キーワードをまとめましたのでご確認にお役立てください。 

アプローチ 療法や理論 人名 キーワード
精神力動アプローチ 精神分析療法 ジクムント・フロイト 自我・エス・超自我、無意識
アンナ・フロイト 防衛機制の体系化、自我心理学
ヒューマニスティックアプローチ(人間性心理学) クライエント中心療法 ロジャーズ 自己概念、非指示的、共感的理解、肯定的関心、自己一致
ゲシュタルト療法 パールズ 「いま、ここに生きる人間」、気づきと接触
自己実現理論 マズロー 欲求階層説、ポジティブ心理学
実存療法 メイ 人間存在、「自由、意志、選択」
認知行動アプローチ     行動療法 アイゼンク 行動療法を提唱
スキナー オペラント条件づけ
ウォルピ 系統的脱感作
認知療法 ベック 自動思考、スキーマ
論理療法 エリス ABCモデル、非論理的な信念
その他のアプローチ    家族療法 ミラーなど システムズ(システマティック)・アプローチ
森田療法 森田正馬(まさたけ) あるがまま、森田神経質
内観療法 吉本伊信(いしん)

見調べ(みしらべ)を基礎