第15回問06~問10の解き方

第15回キャリアコンサルタント試験学科試験問題を徹底解説!

問6.キャリアに関する理論

 たびたび出題されている、シャインのキャリア・アンカーに関する出題です。シャインの「キャリア・アンカー」について大問として出題されているものだけをピックアップしても、これまでに複数の出題があります。[第1回問6、第8回問6、第10回問9、第12回問7]

1.○:保障/安定(security/stability)は、8つのキャリア・アンカーの一つである。【渡辺先生P161】

2.×:現実/慣習は、8つのキャリア・アンカーではない。【渡辺先生P160】

3.○:奉仕/社会献身(srivice/dedication to a cause)は、8つのキャリア・アンカーの一つである。【渡辺先生P161】

4.○:純粋な挑戦(pure challenge)は、8つのキャリア・アンカーの一つである。【渡辺先生P161】

その他には、特定専門分野/機能別のコンピテンス、全般管理コンピテンス、自立/独立、起業家的創造性、生活様式(life style)があります。このような問題もありますから、8つは覚えておきましょう。

覚え方:せんぜん じぶんは ほうきをもって ほうしした じんせい。(専・全・自・保・起・奉・純・生)

養成講座の友人が当時発明してくれました、感謝。

問7.キャリアに関する理論

 シャインに続いては、同じく超頻出といえる、スーパーに関する出題です。判断の難しい選択肢もありますが、落ち着いて、間違い探しをしていきましょう。

1.×:ライフ・キャリア・レインボーは適切だが、統合的人生設計(ILP:Integrative Life Planning)を構築したのは、ハンセンである。【渡辺先生P208】

2.×:発展期が不適切である。成長期、探索期、確立期、維持期、解放(下降、衰退)期の5つの段階である。【渡辺先生P44】

語呂合わせを紹介します。

覚え方:せぃ、たかいか?(成・探・確・維・解)

「衰退」もあわせて覚えたい場合には、「せぃ、たかいっすか?」の若者言葉で覚えましょう。

3.○:それぞれの発達段階には、暦年齢にゆるく関連した移行期(Transition)があるとし、その移行期にはミニ・サイクルが含まれるとしている。ミニ・サイクルには、新たな成長、再探索、再確立といった再循環(リサイクル)が含まれる。【渡辺先生P45】

4.×:キャリア・アダプタビリティというとサビカスをまず思い出すが、最初にキャリア・アダプタビリティの概念を提唱したのは確かにスーパーであり、その後サビカスがキャリア構築理論の中核として発展させた。ただし、職業適応していく段階は、思春期ではなく、成人期以降のことである。【渡辺先生P94】

問8.キャリアに関する理論

 不適切なものを選ぶ点については、マズローの「権力欲求」に気づければ比較的回答しやすかったものの、初登場のマクレランドとアルダファって誰?という方がほとんどだったのではないでしょうか。

岡田先生の著書において、「職場における動機づけ理論」がこの4人の理論の紹介とともに、わかりやすくまとめられています。今後は「動機づけ4人衆」として整理しましょう。

1.○:ハーズバーグは、職場において満足を与える要因(動機づけ要因)と不満足を与える要因(衛生要因)があり、動機づけ要因の充足は長期間の満足と動機づけをもたらすが、衛生要因の充足は十分に満たされれば不満を予防するが、満足はもたらさず仕事への積極性を高めることはできない、という2要因説を提唱した。【岡田先生P26】

2.○:マクレランドは、達成動機理論を提唱し、社会的欲求は親和欲求、権力(支配)欲求、達成欲求の3つであり、これらはマズローの所属と愛の欲求、自尊と承認の欲求、自己実現の欲求に対応するとした。【岡田先生P27】

3.○:アルダファは、マズローの欲求段階モデルを修正し、ERGモデルを提唱した。ERGモデルは、存在欲求(Existence)、関係欲求(Relatedness)、成長欲求(Growth)の3つの次元から構成され、各欲求は連続的で、高次、低次の欲求が同時に生じることもあるとした点でマズローとは異なる。【岡田先生P26】

4.×:マズローの欲求階層モデルは、下位から①生理的欲求、②安全の欲求、③所属と愛情の欲求、④自尊と承認の欲求、⑤自己実現の欲求の5層から構成され、上位の欲求は下位の欲求が充足されて初めて発生すると考えた。【岡田先生P23】

問9.カウンセリングに関する理論

 人名と理論の名称やその特徴を示すキーワードの組み合わせの問題です。このような出題は定番となっていますので、クイズ感覚で間違い探しをしていきましょう。

1.×:精神分析療法は、フロイトにより確立され、防衛機制などがキーワードである。【ジルP102】なお、共感的理解は来談者中心療法のキーワードであり、ロジャーズが提唱した。【ジルP111】

2.×:スキナーは、行動療法に位置づけられるオペラント条件付けを提唱した。【ジルP123】なお、論理療法を提唱したのは、アルバートエリスである。不合理的な信念は、非論理的な信念(イラショナル・ビリーフ)を意味していると思われる。【木村先生P46】

キャリアコンサルティング理論と実際5訂版

※木村先生の著書「キャリアコンサルティング理論と実際」は、学科試験出典ナンバー1のバイブルですので机上に是非ご用意のうえ、出題箇所を参照しましょう。なお、2018年10月に出版された5訂版のページ数を表記しています。

3.×:内観療法は吉本伊信により確立されたが、自由連想(法)はフロイトが創始、精神分析療法の基本技法である。なお、この組み合わせは第12回問28と全く同じである。[第12回問28]

4.○:交流分析は、バーンによって開発された心理療法である。交流分析では構造分析、交流パターン分析、ゲーム分析、脚本分析の4種類の分析を行う。【ジルP108】

問10.カウンセリングに関する理論

 行動療法(行動的アプローチ)の特徴に関する出題です。直接同じ文章ではないものの、木村先生の著書に特徴がまとめられています。特徴を確認しましょう。

1.○:個人の病的行動や問題行動は、不適切な行動の学習によって起こされるとするのは、行動療法(行動的アプローチ)の特徴である。【木村先生P48】

2.○:様々な訓練によって、不適切な行動を除去することが、行動療法(行動的アプローチ)の特徴である。【木村先生P48】

3.×:問題の原因、問題解決を妨げている「クライエントの行動」を発見するのが、行動療法(行動的アプローチ)の特徴である。【木村先生P48】

なお、心の内面にアプローチしていくのは、感情的アプローチと呼ばれる来談者中心療法などである。【木村先生P42】

4.○:クライエントの行動と、不適切な反応を引き起こしている状況を明らかにすることが、行動療法(行動的アプローチ)の特徴である。【木村先生P48】

参考文献・資料

新版 キャリアの心理学―キャリア支援への発達的アプローチ渡辺 三枝子著(ナカニシヤ出版2018年) 

働くひとの心理学岡田昌毅著(ナカニシヤ出版2013年)

キャリアコンサルティング理論と実際5訂版木村周著(雇用問題調査会2018年)

問11~問15へ進む

全50問の目次