新たな仕事への適応の支援【一問一答】

Check Sheet ONOFF

Check Sheet機能をONにして知識を確認しましょう。

新たな仕事への適応の支援については、これまで第1回、第2回で出題があるだけで、頻出とまでは言えないトピックですが、覚えることはありません。適切なフォローアップについて、基本的態度から回答しましょう。

(全5問)

Q1.方策の実行後、就職先の決定をもって、キャリアコンサルティングの目標は完遂し、その後のフォローは不要である。(第1回問46類題)

A1.×:新しい職場への適応の援助を行う。【木村先生P213】

Q2.新しい職場に適応する過程では、新しい知識や技術、新たな人間関係の構築等、様々な障害に遭遇し、精神的に不安定になることもある。

A2.○:そのため、必要に応じてクライエントの適応の援助を行う必要がある。

Q3.新たな仕事への適応について、クライエントを温かく見守ると同時に、恒常的にキャリア形成していく土壌作りも同時に行っていく。

A3.○:キャリアの形成は、就職して終わりということはない。

Q4.キャリアコンサルタントは、必要に応じて、社会人としてのマナーやルールも、クライエントに対して助言する。(第2回問45類題)

A4.○:就職先に適応するため、ビジネスの基本ルールをしっかり守るようアドバイスすることも大切である。

Q5.新しい職場には、職場固有の企業文化など明文化されていないものもあるが、就職した際には、どんなことでも受け入れるべきである。

A5.×:職場固有の企業文化を知り、受け入れる努力は必要であるが、人権を損ねるものであったり、違法なことについては受け入れる必要はない。

(全5問)