グループによる対人支援と必要なスキル(2)

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用ください。

グループでは何が起こっているか

・グループの理解に重要な概念

コンテント 「内容」。グループが取り組んでいる課題や作業
プロセス 進行とその場に流れる雰囲気、各人の感情、関係性の変化

グループではコンテントとプロセスは表裏一体である。メンバー間の相互作用が生まれると、グループの中に「ダイナミズム」が発生する。

・相互のやり取りは自己理解も促進する。この仕組みは「ジョハリの窓」(ジョセフ・ラフトとハリー・インガム)がわかりやすい。

パブリックの領域 自分も相手も知っている領域
ブラインドの領域 自分は気がついていないけど相手は知っている領域
プライベートの領域 自分は知っているけど相手は知らない領域
アンノウンの領域 自分も相手もよくわかっていない領域

(横軸:自分が知っている、知らない、縦軸:他者が知っている、知らない)

パブリックの領域 ブラインドの領域
プライベートの領域 アンノウンの領域

グループでのダイナミズムの成長にはこれが必要 相手からのフィードバック+自らのディスクロージャー(自己開示)




グループの発達

・4つの発達過程

過程 内容
形成 グループとして形をなしていく。不安、恐れと期待
混乱 自由な行動、支援者や特定参加者への反抗
規範形成 互いの特異性やグループの規範(ルール)受け入れ
展開 深まる信頼関係、参加者からの真摯なフィードバック

 このとおりでなくて良いし、この発達過程を判断軸に評価する必要もない。

ファシリテーターに求められる役割とスキル

ファシリテーターには様々な役割があるが、必要な知識、スキルとして9つの項目がある。

自己把握できていること
自己変革できること
③ほどよい自信
④生きて働く知識を持っている
⑤明確な作業仮説を持っている
観察眼を持っている
役割取得が柔軟
⑧参加者からの信用
⑨技法的な蓄積