キャリアコンサルティングを必要とする社会的背景

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用ください。

3つの社会変動

少子高齢化(人口構造の変化) 

②経済のグローバル化・ボーダレス化 

③社会や技術の変化の加速化・高度

 個人が輝ける社会の創出へ

幸福というものに対する考え方の変化

・19世紀:ベンサムの功利主義「最大多数の最大幸福」:GWB(国民総幸福度)

・ブータン前国王のGNH(国民総幸福)

・何を幸福と感じるかは個々人の価値観や考え方によって異なる。

GDPは為政者には都合が良いものだったが、人間観、価値観などという心理的なものが忘れられていた




3つの中間目標

就業率の引き上げ 社会保障よりも能力開発や職業訓練
仕事生活の両立 いわゆるワーク・ライフ・バランス
③自らがキャリアを形成できる社会 キャリアカウンセリングの必要

目標達成のための問題と対応

①少子高齢化と人材の多様化 少子化&健康寿命の延び、厚生年金の問題など
②雇用形態による格差 労働市場の二極化、ワーキング・プアの増大
③大学におけるキャリア教育 自分のキャリア、生涯の職業と学校教育をつなぎ合わせる

キャリアコンサルタントの時代

就業率の引き上げ 適材適所のためのマッチング機能。
キャリア段位制度などの仕組みとカウンセリングの組み合わせ
キャリア教育 経験知のない学生に、学生の立場にたってアドバイスを行う