8つの意思決定スタイル

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用ください。

意思決定プロセスにおいて好ましい結果を得るための3つの構成要素

→①クライエント ②キャリアカウンセラー ③資源

8つの意思決定スタイル

アメリカの心理学者 ディンクレッジ(1968)

・意思決定スタイル

決定事項の明確化  ②情報収集  選択肢の明確化  根拠の評価  ⑤選択肢の中から最終選択  ⑥行動  ⑦決定と結果の検討

・8つの意思決定スタイル(ディンクレッジ)

スタイル 内容
計画型スタイル 段階的方法で上記①~⑦の段階を踏んで意思決定するスタイル
苦悩型スタイル ⑤の選択の段階に没頭しすぎて意思決定までたどり着けない
衝動型スタイル 体系的プロセスがわからない、もしくは価値をおかない。
直感型スタイル 計画的な段階を踏まずに、自分の経験や判断を活用する。
従順型スタイル 他人が意思決定することを許すスタイル。
延期型スタイル 恐怖心や情報の欠如、やる気のなさから決定を延期し続ける。
運命論型スタイル 外部の力によって出来事が定められているものだと信じる。
無力型スタイル プロセスまたは結果が恐ろしく、前に進めない。

 意思決定に影響を与える要因

(スーパー、ハリス-ボールズビー)

両親(特に母親

自己効力感:self-efficacy 行動を起こすことが出来ると自信を持つこと

自己概念:自分自身へ自信

ホランドの6つのタイプでは…

R(現実的)、I(研究的)、C(慣習的)のタイプの方が、A(芸術的)、S(社会的)、E(企業的)のコードを持つ人よりも計画型の意思決定を行うと考えられる。