社会認知的キャリア理論

Check Sheet ONOFF

 Check Sheet機能をご活用ください。

SCCTの基盤=バンデューラが提唱した三者相互作用の考え

個人的要因(性別・人種、能力・思考)

環境的要因(社会的・経済的環境)

③個人の起こす行動 

 レント・ブラウン・ハケットにより、自己効力感や結果期待、個人的目標の相互関係が追加された

自己効力感

課題に必要な行動を成功裡に行う能力の自己評価

=できると思うこと。SCCTの理論の中で最も大切な概念。SCCTモデル参照。

自己効力感の形成に及ぼす要素

要素 内容
個人的達成(遂行行動の達成) 自ら成し遂げた経験。最も強い影響
代理学習(代理的経験) 他者の経験を観察。OB,OG訪問など
社会的説得(言語的説得) 周囲の人からの励ましやサポート
情緒的覚醒(情動的喚起) 生理的な反応。リラックスで前向き⇔不安や抑うつ
結果期待

結果期待の分類 

物理的な成果 ②自己評価的成果 ③社会的成果 

人が最も満足するのは、②自己評価的成果といわれる。

個人的目標

・特定の物事への興味関心⇒目標設定や行動、実際の達成にまで影響。

・物事の達成においては、個人的要因や環境要因が影響する。