社会構成主義

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用再生産ください。

社会構成主義

・人々が現実として認識しているもの=社会的に構築されたものであり、絶え間なく変化していく的な過程であり、人々の解釈、認識によって現実そのものが再生産される

・意味は会話の中で構築され、人が認識しているものは社会の相互作用により生成されている

社会構成主義の4つのテーゼ

①世の中や自己を理解するために用いる言葉は無限にあり、言葉が世界を構成している。
②人々の関係から意味が与えられる。
③何かを記述したり説明したり、あるいは別の方法で表現したりするとき、同時に自分たちの未来をも創造している。
④自分たちの理解のあり方について反省することが、明るい未来にとって不可欠である。




社会構成主義のキャリアカウンセリングへの応用

コクランのナラティブアプローチやサビカスのキャリア構築理論は、クライエントのこれまでの経験や感情に価値を置き、人生という全体の文脈の中でクライエントを理解する

・論理実証主義的世界観と構成主義的世界観の比較

カウンセラーの役割に注目
上から指導的→対等で相互作用的に変化
要素 論理実証主義的世界観 構成主義的世界観
クライエント 受動的応答者 積極的参加
カウンセラー 熟練 質問者、聞き手、観察者
カウンセリング関係 カウンセラー主体 相互作用的
キャリアアセスメント 開始時に使用、客観的、感情より事実 ストーリーと意味、主観性に価値、事実と同様に感情も重視
キャリア情報の使用 事実の強調 情報探索プロセスの協調
カウンセラーにより提供 クライエントが情報収集者
変化の特質 連続的または直線的 再帰的(フィードバック)、不連続
知識と学習 熟練者によって授けられる 個人の中で創造される
全体と部分 特性に焦点。人生という文脈に注目せず、仕事を生活を切り離す 主観的な経験と感情に価値、文脈が重要、仕事と生活を全体とみなす
カウンセリングプロセス カウンセラー主体 カウンセラーはクライエントの生活空間に入り込む