ソーシャル・スキル・トレーニング

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用ください。

ソーシャル・スキルの具体的内容

・5つのソーシャルスキル

①社会的刺激の「受容

②適切な状況判断に基づいた社会的刺激の意味の「処理

③社会的に適応し、個人的に満足のいく形での「表現

④応答のタイミングなどの「バランスの取れた社会的相互作用」

ソーシャル・スキル・トレーニングの目的と計画

SSTは個別で実施が一般的だが、同様の問題やテーマが共通している場合には、集団で実施することも可能。

ソーシャル・スキル・トレーニングの具体的技法

ウォーミングアップ ゲーム性あるエクササイズ等でリラックス
教示 なぜSSTが必要か、どのような方法か等を伝える
ロールプレイ どのように振舞うか演技。SSTの核となる部分
フィードバックと社会的強化 言語的な承認や拍手で強化を図る
モデリング 他の人の行動をモデルとして観察、学習する
般化(はんか) 一般化、定着化のこと。