みんなの合格をお祈りしています。

いよいよ決戦の明日が近づいてきました。

今日まで頑張ってきた皆様、このサイトに来て下さった皆様全員の合格をお祈りしています。この試験は、一定の割合の方のみが合格する相対試験ではなく、合格ラインを越えた方すべてが合格する絶対試験です。

ですから、私の心の中には『みんなで合格』があります。不可能ではないのではないかと、真面目に考えています。

このタイミングになって、あーだこーだと言われても皆さん困るでしょうから、エールに代えて。

今夜、何をする?

どの資料を最後に見ておくか、過去問の繰り返しをどこまでやるか、ジル資料をもう一回読んでおくかどうか、木村先生も読んどく?などと考え始めるとキリがありませんが、やり残したことがあると感じているのなら、今夜出来ることはやっておきましょう

前日にあがいてもしょうがない、と思われる方もいるかもしれませんが、この試験は、一問だけ足りずに悔しい思いをされる方が毎回います。知識があやふやな内容があり、出る予感のようなものがあれば、今夜やっておきましょう。

執念の一問があなたを合格へ導きます。

その執念とは、ベストを尽くすことに他なりません。

今夜、そして明日の朝、会場までの移動時間、入場から試験説明までの時間もあります。試験開始のその時まで、いや、試験終了のその時まで、あなたのベストを尽くしてください

悔いが残らないよう、やり残した気持ちがあるのならば、時間の限り、それにトライしましょう。そして、執念で35問を獲得してきてください。

心、折れないようにする。

学習進捗度や深度には差があるものですが、学科試験で大事なことは、35問をいかにして取るかです。

問題の前半が難問続きで心が折れそうになったら、気持ちを切り替えて、比較的易しめな出題傾向の後半の40問以降をやってみましょう。

試験で試されるのは難問に答えられるかどうかではなく、35問取れるかどうかです。学科試験では時間配分はそれほど意識しなくても良いでしょう。焦らないでじっくりと取り組みましょう。あとは、マークミスにはくれぐれも気を付けてください。慎重に確認しましょう。

論述試験では、何よりも指定された使用語句があればそれを守り全て使うこと、時間内に記述を終えることが最優先事項になります。論述試験は制限時間に特に気を付けてください。

こうして記していると、あれもこれもと老婆心、いや、老爺心(笑)が、ふつふつと、とめどなく、溢れてきてしまうのですが、この辺にしておきまして…。

恒例の解答速報を夜には掲載できるよう、私もベストを尽くします。サイトにお越しの際には、皆様の試験の手応えなどを、是非アンケートなどでお伝えください。

明日は落ち着いて、じっくりと。

ファイト!!!

皆様の合格を、心からお祈りしています。

祈!合格。

2件のコメント

  • 匿名

    第8回学科試験、みん合プラス会員のおかげで高得点獲れました。
    ひたすら問題集を解く生活を3か月。最後の二日間は一問一答を通して二回して、自信を付けました。
    本当に感謝しております。

    • cocostudy

      匿名さん

      コメントをありがとうございます。
      みん合☆プラスでもしっかり対策されたようですね。
      高得点はご努力の賜物です。

コメントを残す