出題実績一覧表&出題範囲マトリックス【タテヨコくん】をリリースしました。

お待たせしました!

第1回~第9回学科試験までの出題範囲を分析した「出題実績集計表」、第9回学科試験までの出題範囲を網羅しました「出題範囲マトリックス(タテヨコくん)」をリリースしました!無料でダウンロードできますので、ご活用ください。

まず、「出題実績集計表」では、出題範囲ごとに出題数を整理しています。

 出題実績集計表

今回の第9回では、いつもあるような、プラスマイナス1問程度の変動はありましたが、出題範囲と出題数については、それほど大きな変動はありませんでした。

また、この集計表を見ていると、登録試験機関において公表されている、出題範囲表に基づいて出題がされていることがよくわかります。まだご覧になっていないという方がいましたら、登録試験機関が発表している、出題範囲表も是非一度、じっくりご覧になってください。

第9回合格者から高評価!

そして、今回の超難回、第9回を見事合格された方たちから日々ご連絡を頂くなかで、使って良かったツールとして「タテヨコくん」をあげる方がとても多く、「タテヨコくん」の人気っぷりに少し驚いてもいます(笑)。ネーミングはちょっとダサいですけど実用性は高いです…(汗)。

出題範囲ごとに第1回~第9回までを横に解く「ヨコ解き」をやってよかったという声がたくさん届いています。

そんなヨコ解きをスムーズに行うための学習ツール「出題範囲マトリックス(タテヨコくん)」の最新版をリリースしました。

PDF版とExcel版をご用意しました!

PDF版はA4で2枚のサイズで、文字が非常に小さいですから、拡大コピーなどをしてご活用ください。また、自由に加工編集ができるようにExcel版もご用意しました。使い易いように加工編集して頂き構いませんが、皆様の自信作は、出来ましたら共有頂けるとありがたいです(笑)

【PDF版】タテヨコくん(第1回~第9回)

【Excel版】タテヨコくん(第1回~第9回)

ヨコ解き」はその範囲の内容理解や、知識の定着に役立つだけでなく、自信の醸成や達成感にも繋がります。その範囲を網羅している自信や、網羅していく過程で得られる達成感が、第9回のような超難回でも、何とか35問を死守する、強い力になるのかもしれません。

是非、ヨコ解きによる実力養成にご活用ください。過去問基点によるヨコ解きはキリの中で学習するようなものではなく、学習時間を明確に減らしてくれます。

「まだテキストの復習が出来ていないし…」と言う方ほど、すぐに過去問に着手しましょう。

なお、初期の過去問からの出題が、今回の第9回では目立ちました。第1回~第3回も是非やりましょう。

学習時間の確保が難しい方は、ヨコ解きは特に効果的です。なお、直近3回分以前の過去問の解説はみん合☆プラス会員限定にて公開しています。

プラス会員のご案内はこちらでご確認ください。

頑張っていきましょう。応援しています。

コメントを残す