【過去問解説】第7回問21~30を掲載しました。

今日の過去問解説は問21~問30までの10問です。この問題ゾーンは今回の試験で最も難しい10問だったのではないでしょうか。☆マークはほとんど付きませんでしたし、出典探しや解説作成に苦労した問題が多かったです。

各問題が教えてくれる、学習のポイント

問21:なぜか試験によく出る『職能資格制度』です。養成講座等ではあまり学ばない内容と思いますが、よく出ます。

問22:労働経済の分析からの出題。具体的には高齢者の就業についてでした。労働経済の分析は、平成29年版が既に発表されています。次年度試験では平成29年版がおそらく出典資料になるでしょう。それらの考察はまた一緒にやりましょう。

問23:「働く女性の実情」からの初めての出題。

問24:障害者雇用に関する出題。平成30年度からは法定雇用率が引き上げられますので、引き続き要チェックな論点です。

問25:旬な話題の無期転換のルールが選択肢の一つとして登場しました。引き続き要チェックです。

問26:妊娠、出産、育児に関する問題。さらっと一読したときは、私もひっかかりそうでした。注意力が必要です。

問27:こちらも旬な労働者派遣法。細かな内容も出題されていました。

問28:交流分析のうち、構造分析に関する出題。初めての内容でした。

問29:キャリア理論の深い理解が求められる問題。キーワードの暗記だけではなかなか判断が難しい問題でしたが、正答選択肢のセレクトはそれほどでもありませんでした。

問30:カウンセリング(療法)に関する問題で各選択肢は判断の難しいものが多かったものの、正答選択肢のセレクトはそれほどではありませんでした。

難しい問題(選択肢)の際には正答セレクトがしやすい、という出題の傾向もあるかもしれません。

第7回過去問解説のご案内

頑張っていきましょう。

(お知らせ)

妻の親戚に不幸があり、これから数日間、妻の実家のある中国地方へ行くことになりました。次の過去問解説の更新は次週になる予定です。

過去問解説に期待して下さっている皆様には、お待たせしてしまい申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。

また、週末のJCDAの面接試験を受験される皆さん、落ち着いて、じっくりとクライエントの言葉に耳を傾けてきてください。

ご健闘、合格をお祈りしています。

コメントを残す