学科試験の時事問題対策におすすめのサイトやメルマガ。

明日7月10日からは第17回キャリアコンサルタント試験の面接試験がキャリアコンサルティング協議会でスタートです。そして、日本キャリア開発協会(JCDA)では先週に続いて、後半の日程がスタートです。

受験するみなさんのご健闘と合格を、心よりお祈りしています。

先日もお伝えしましたが、試験でも実務でも、あくまでもカウンセリングの主役はクライエントです。(明日からは面接試験。キャリアコンサルタントの始まりです。

「面接のスキルを隅から隅まで試験官に評価される」と思ってしまうと、誰しも、緊張でガクブル(汗)になってしまうものですが、クライエントの話をじっくりと聴く、そのために話しやすい雰囲気を作ると思って、肩の力を抜いて、クライエントに声を掛けましょう。

「今日はどうされましたか?」

「最近、部下の指導に自信が全くないのです。」

「自信が全くない、ということですが、もう少し詳しくお話して頂いてもよいですか。」と面談をスタートしましょう。←あくまでオープニングの一例ですが、詳しく聴いてみましょう。

その後は、かかわり行動です。

クライエントを凝視する、ではなくて、「私はきちんと聴いていますので、安心してお話くださいね。」という気持ちで視線を合わせましょう。

声の調子やペースは、クライエントに合わせると、クライエントは違和感を感じることが少なくなるでしょう。そして、丁寧に言語的追跡をしていきましょう。質問を考えている思考の暇は無いかもしれません。

結果は後から付いてきます。ベストを尽くしましょう。

学科試験の時事問題対策について

さて、今日の本題です。

第17回学科試験終了後から、過去問ではカバーしきれない時事問題などの最近のトピックについて、どのように対策すれば良いのか?というご質問やご相談がたくさん届いています。

第17回試験は、正解が難しい、時事的な問題、最近のトピックがいくつか出題されました。

みん合でも、予測ができる範囲で、みなさんのご負担に無理ない範囲で、法制度の改正や、最近の雇用情勢、人事労務の分野で気になるトピックや用語などを試験前を中心にお伝えしていますが、次回の第18回試験において、それらの何が出題されるのかは神のみぞ知ります。

もしも、私が知っていたら、こっそりとたっぷりとお伝えしたいのですが、(こっそりにならないですが)、私もそれはわかりません(すみません)。

でも、事前に準備できる、出来る対策が無いわけではありません。

直前期に焦って確認するのではなく、普段から時事的なトピックにはアンテナを張っておくことは重要です。

これは資格取得後に実務に就いてからも同様ですし、試験対策というだけではなく、実務においても、時事的な内容への感度を研ぎ澄ませておき、アンテナを張っておくことは大切です。カウンセリングや仕事の質をアップさせる要因にもなります。

おすすめのサイト、メールマガジン

キャリアコンサルタントの業務に大きく影響する、人事労務、教育研修についての情報のデータベースとしては、なんと言っても、独立行政法人労働政策研究・研修機構のサイトが最も充実しています。

労働政策研究・研修機構

みん合☆サイトの過去問解説の出典資料としてもお馴染みのジル資料を作成しているところでもあります。英字の略称で「JILPT」と呼ばれているので、ジル資料や、ジルと、当サイトで親しみも込めてお伝えしています。

ジル資料はこのサイトに掲載されている資料シリーズの一つで、資料シリーズのNo.165ということになります。様々なトピックのPDF資料を、無料で閲覧することができる、まさに労働行政、雇用情勢のデータベースと言えます。

労働政策研究・研修機構(資料シリーズのページ)

気になるトピックなどがありましたら、スキマ時間や移動時間、試験勉強の合間などに是非ご覧になってみてください。国際比較の資料などもあり、とても興味深いです。資料シリーズはPDF閲覧が無料なのも、とても嬉しいです。

コロナ禍における雇用指標への影響や、国際比較については、機構のホームページに特設コーナーが設けられています。

新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響(労働政策研究・研修機構)

最新の雇用指標などがアップデートされて、コロナ前から現在までの趨勢、トレンドの変化を確認することができます。

新型コロナウイルス感染症関連情報(労働政策研究・研修機構)

新型コロナウイルス感染症関連情報のページでは、新型コロナウイルス感染症の影響などをまとめたJILPTでの調査結果を閲覧することできます。

こちらには、第17回試験で初めて出題された「新型コロナウイルスと雇用・暮らしに関するNHK・JILPT共同調査」も掲載されています。

国家試験キャリアコンサルタント試験でも、2級(1級)キャリアコンサルティング技能検定でも、コロナ禍における雇用の状況を問う問題が出題される傾向があると感じています。要注意です。

必読メルマガのご案内(いずれも無料)

労働政策研究・研修機構の研究報告や発表資料の最新情報は、機構のメールマガジンを購読するとキャッチアップすることができます。

メールマガジン労働情報(労働政策研究・研修機構)

サイトでは、バックナンバーを見ることが出来ます。

メールマガジンを読むだけでも、昨今の雇用等の状況や課題が見えてきます。移動時間などに目を通しておいて、気になる情報は帰宅後などにじっくりとリンク先を確認しましょう。

また、厚生労働省発信の最新情報をキャッチするには、次の厚生労働省のメールマガジンの購読もおすすめです。

厚労省人事労務マガジン(厚生労働省)

こちらもバックナンバーも見ることができますので、ご覧になりまして、購読をご検討ください。メルマガを読むだけでも、知識が整理されますし、最新情報を知ることが出来ます。

いずれも無料で入手できるメールマガジンです。合格するための習慣づけの一つに、是非ご登録ください。ざざっと目を通すだけでも、問題の正誤判断に役立つかもしれません。

次回以降の受験者も、現役キャリアコンサルタントのみなさんも、日頃から、雇用関連のニュースにアンテナを張るとともに、これらの情報源も活用すると、実務にも役立つ情報を入手することができるでしょう。

JILPTと厚労省のメールマガジンは特におすすめです。

時事的なトピックの情報収集もしながら、試験対策をしていきましょう。

アンケートへのご協力をありがとうございます!

第17回試験お疲れさまでした!アンケートには、既に450名を超える皆さんからのお声が届いています。

受験したみなさんからのお声、ご意見は、今後受験する人にとっては合格への羅針盤となり、みん合にとっては、合格ノウハウのデータベースとなります。

アンケートにつきましては、実技試験の全日程が終了する18日18時まで受け付けていますので、面接試験が終わりましたら、まだの方は是非、ご協力ください。

試験お疲れ様でした!アンケート

実技試験が全日程終了後しましたら、アンケート結果を公開いたします。公開までしばらくお待ち下さい。

みん合☆プラス会員のご案内

登録試験機関での公開が終了している過去の国家試験の過去問解説や、2級や1級の技能検定の過去問解説などは、みん合☆プラス会員へ限定公開をしています。

次回合格に向けて、試験対策学習にみん合☆プラスをプラスしませんか。

書籍セットはお得で人気です。

なお、登録試験機関で公開が終了した過去の過去問題については、サイトでの掲載が禁止されていますので、その入手方法等につきましては、下記のお問合せよりお気軽にご相談ください。

次回試験に向け、毎日たくさんの方から、学習方法のご相談やご質問などをいただいています。下のお問合せフォームより、お気軽にお声をお伝えください。

合格目指して、一緒に頑張っていきましょう。

応援しています!

お問合せはこちらから。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須:お間違いがないか今一度ご確認ください)

題名

メッセージ本文

             

コメントを残す