過去問の解き方、私の場合。

私は自らの受験経験も併せると資格試験の世界に約20年間います。今は職業訓練や企業研修の講師などもしていますが、いつも根っこにあるのは、どのようにしたら効率よく勉強して資格試験に合格できるか?新しい知識の習得ができるか?にあります。四六時中、そんなことを考えています(苦笑)。

前職では資格試験対策の書籍や講座を提供する会社におり、業務にプラスになるよう、社会人になってからも様々な資格を取得してきました。業務は繁忙で学習は通勤時間と身柄確保されない休日(笑)が中心でした。

そんな方は、キャリコン受験生にはきっと多いですよね。そんな私が思う、試験対策学習、過去問活用の一例を紹介させていただきます。

既にご自身の過去問学習スタイルが出来ている方は、あくまでご参考まで。その方法いいね、と思うことがありましたら、オイシイとこ取りしちゃってください。

STEP0.細切れに問題を解く。

過去問1回分50問を通しで全問解くのは時間がかかり、まとまった時間が必要です。

また、解いた後は疲れて解説を読む気力がなくなってしまうかもしれません…(汗)解説・出典の確認がむしろ大事なのに、ちょっとそれは勿体ないです。

ですから、私は小刻みに「1問から5問ごと」くらいで、解答や解説を確認する方法をおすすめしています。一度に何問ずつ解くかは、好みもあると思いますが、これならば、ご多忙な中でもできるのではないでしょうか。

程よいリズム、ペースを作っていきましょう。

「解く⇔確認する」には、リズム感があった方が学習効率が高まり、解いた直後の方が、解説、出典の内容の吸収力も高いと感じます。

なるべく楽しみながら知識を身につける、楽習(がくしゅう)にはリズム感が大切です。

また、大切なのは解説と出典の確認です。過去問解きは本来、アウトプットな作業ですが、解いたあとは、解説や出典で知識をインプットしましょう。

STEP1.冒頭の問題文をよく読む。

資料名、法律名、人名などのタイトルはもちろんのこと、回答すべきことが、「適切なもの」なのか「不適切なものなのか」は必ずチェックしましょう。脳裏に焼き付けるため、アンダーラインも良いです。

まず、解くにあたっての心を整えます。

STEP2.選択肢の文章のここに気をつける。

文章をよく読むことはもちろんのこと、選択肢のキーワードにはアンダーラインや囲みの印をつけます。

なお、用語もさることながら、下記の表現に気を付けてください。

・「のみ」、「だけ」、「専ら」といったONLY表現。

・「すべて」、「いずれも」、「必ず」、「いかなる場合も」というALL表現。

・「しなければならない」というMUST表現。

・「することができる」というCAN表現

これらは受験生の天敵、ひっかけの要素を含んでいることがあります。試験委員からすると、作問しやすい、とも言えるでしょう。もちろん、これらが正解になることもありますが、慎重に判断しましょう。

STEP3.選択肢ごとに、正誤判断(○、×)をメモしておく。

選択肢ごとに○、×をメモしておくことは、マークシート記入の際のミス防止と見直し時の検証、試験後の自己採点をするために役立ちます。

本試験においては、一旦保留にして最後まで解き、もう一度戻って検討することもアリですが、その際にも空欄にはせず、一旦、正誤判断をしておき、回答候補をマークシートへ記入しておくことをおすすめしています。

それはマーク記入漏れと、最も恐ろしい、マーク記入のズレを防ぐためです。

STEP4.解答確認と解説・出典の確認をする。

1問~5問程度での小刻みな問題解きが終わりましたら、解答確認と解説・出典の確認を行います。出来たか、出来ないかは、過去問演習において大きな問題ではありませんが、問題ごとに対応できたレベルをメモしておきましょう。

・常識的に解けた、もしくはご自身の知識で正解できた問題には○印。
・何となく出来た、知識が曖昧だけど正解できたものには△印。
・もうお手上げ、そんなの知らん、というものには×印。

問題番号の位置あたりに記入しておきます。これは復習する際の目印にもなります。

そして、○印の問題の解説や出典の確認はさらりとで結構です。出典書籍にマーキングをしておきましょう。そして、△と×の問題の確認に時間を割きましょう。

△と×の問題は、解説をよく読み、出典に当たってください。出典の書籍や資料等の該当箇所を確認し、参考書籍(特に木村先生、渡辺先生など)についてはマーキングをします。回数を重ねていくと、マーキング済の箇所を再び目にすることがあるでしょう。

それも過去問学習の醍醐味、試験の出題傾向そのものです。試験委員が、この試験で問いたいことの表れと言えるでしょう。それは再出題の可能性も意味していますから、マーキングの箇所の前後は、ついでに読んでおきましょう。

未見の資料はリーフレット程度のものならば一読してしまうのが良いですが、ボリュームのあるものは、まずは該当箇所だけで良いです。全てを通読する必要は必ずしもありません。

それよりも、早めに一通りの過去問学習を終えることが先決です。それではご不安な場合には、それが終わってからやりましょう。

STEP5.そして、回す!

一度やっただけでは、人はどうしても忘れてしまいます。本試験にて、「あ、似た問題をやったけど、なんだっけ?」が一番もったいないです。

問題に繰り返しトライすることを「回転させる」とか、「回す」、と受験業界では言いますが、1回解いたものは是非、もう一度、確認しましょう。どの資格試験でも同じことが言えますが、それは知識の定着に役立ちます。

なお、回転させるのは、移動時間やスキマ時間で大丈夫です。一回目よりも二回目はより速く解けるでしょう。

学科試験は難しい傾向が続いており、ベストを尽くしておく必要があります。技能検定も入れて全12回分の過去問演習で、合格に必要な力、知識が確認できるはずです。

なお、回す際には、回数ごとに解くタテ解きと、出題範囲を横断的に解くヨコ解きがあります。特に2回目、3回目の際には、ヨコ解きをおすすめしていますが、時間があまりない方は、1回目からヨコ解きでも良いでしょう。

その際には、出題範囲マトリックス(タテヨコくん)をご活用ください。

 出題範囲マトリックス(タテヨコくん)

頑張っていきましょう。応援しています!

登録試験機関での掲載が終了した、過去の過去問解説は、みん合☆プラス会員になるとご覧になることができます。出題サイクルを感じさせる問題もありますので、過去の過去問にも是非トライしてください。

合格がグーッと近づくことは間違いありません。

(最終更新:2018年10月21日)

2件のコメント

  • かわちゃん

    適切or不適切やmust表現など他の国試問題にも共通する事項だと思います。細切れで集中して解答出来る様にラストスパートですね。有難うございました

    • cocostudy

      かわちゃんさん
      コメントをありがとうございます。
      そうですね。正誤が問われる、他の国家試験、検定試験でも言えることです。
      指示をしっかり守ること、問題文をよく読み、正誤の判定を慎重に行うことが大切です。
      試験までの日々は、出来るだけその正誤の根拠の確認を丁寧に行いましょう。理解、知識が固まります。
      応援していますので、頑張ってください。

コメントを残す