助成金、あぁ、助成金…。

変なタイトルですみません…。

私の魂の声です(苦笑)。

厚生労働省の助成金に関する出題はこれまでも時折あるのですが、助成金の内容は毎年変更があり、今年度も変更がありました。過去の出題では、第1回、第3回、第6回、第9回などで出題がありますが、解説内容のアップデートが不十分であった、第1回問16について、過去問解説の修正を行いました。

アップデートが遅くなり大変申し訳ございませんでしたが、今一度、第1回問16についてご確認ください。なお、当該過去問解説は会員限定公開のため、変更の概要を下記に記し共有しておきます。

・キャリア形成促進助成金は平成29年4月から人材開発支援助成金に名称、内容が変更されています。

キャリアアップ助成金は引き続き存続しています。

・企業内人材育成促進助成金は、平成28年4月よりキャリア形成促進助成金に統合され、平成29年4月より人材開発支援助成金に名称や内容が変更になりました。

ネット上にも様々な古い情報が拡散していますが、最新の平成30年度版の厚生労働省関係の助成金を掴むためには、下記の資料をご確認頂くのが網羅的でお勧めです。

現役キャリコンの方も、実務直結(経営者の皆さんの関心がありますので)なのでご一読を。

 平成30年度雇用・労働分野の助成金のご案内

資料を読む際のポイントをお伝えしておきます。

・受給対象⇒中小企業事業主等で雇用保険適用事業者

・生産性要件⇒生産性要件を満たすと助成の割増がある

・中でも要注意な助成金

1.人材開発支援助成金

2.キャリアアップ助成金

3.トライアル雇用助成金

どれが出るかは、もしくは他のものが出るのかは神のみぞ知る、ですが、それぞれの内容、特徴を確認しておきましょう。

ちなみに、助成金に関する過去の出題は下記のとおりです。

第1回問15、問16、問48

第3回問16、問19

第4回問4

第5回問13

第6回問22、問41

第9回問42

今年度の内容に合わせて解説を作成していますので、一気にヨコ解き、しちゃってください。

ちなみに、大問で出題されたのは、赤字の第1回問16、第6回問22、第9回問42ですが、正直言って、第9回問42はマニアック過ぎて、いわば捨て問でした(汗)。

ちなみに、「捨て問」っていつもありますよ。

先日、社労士さんが主催するセミナーに参加したのですが、第9回問42は、社労士さんでも相当厳しい内容…、とのこと。

なんでそんな問題出すのですかねぇ、の疑問もありますが…。

助成金関係は、マニアックなものは『捨て』と割り切るのもありでしょう。とはいえ、過去に出題された内容はしっかりと確認しておきたいところです。新しい制度に合わせた上での再出題の可能性は十分あります。

35問の確保を目指して、コツコツ頑張っていきましょうね。

応援しています。

コメントを残す