第15回試験アンケート結果を共有します【難易度/自己採点/学習期間編】

第15回キャリアコンサルタント試験は、昨日で全日程が終了しました。

受験されたすべての皆様、あらためて、本当にお疲れ様でした。

皆様の合格を、心よりお祈りしています。

解答速報のページで実施しました、試験お疲れ様でした!アンケートへの回答者数は、過去最高の人数を記録しました。皆様からの貴重なお声は、今後受験する方にとっては合格への羅針盤であり、合格へのマップになることでしょう。皆様の暖かなご協力に心より、御礼申し上げます。

本日は学科試験、論述試験(JCDA、協議会)の難易度及び学科試験の自己採点と、学習期間のアンケート結果を公開いたします。

回答総数について

今回のアンケートの回答総数は、過去最高の894件となりました。

前回の374件からは2倍以上、前々回の573件に比べては約1.5倍のご回答を頂きました。

参考までに、最近の学科試験の受験者数とアンケート回答者数、割合については以下の通りです。(合格発表後に第15回データを追記しています。)

  受験者数 回答者数 回答者の割合
第12回 3,744名 584名 15.59%
第13回 3,945名 573名 14.52%
第14回 3,329名 384名 11.53%
第15回 6,033名 894名 14.81%

3月の第14回試験は、新型コロナウイルス流行の影響により、事実上の自由受験(欠席者には受験料返金)、そして6月試験の中止を受け、受験者数はかなり多くなったのではないかと思われます。

あくまで予測ではあるのですが、アンケート回答者数は第12回や第13回に比べると約1.5倍、今回の受験者数は5,000名を超える可能性もあるでしょう。(後日追記:6,033名となりました。)

学科試験の難易度アンケート結果【やや易化】

回答数:第14回 374件、第15回878件

「やや易化」と表現すると、えーっ!と驚かれる方も少なくないことでしょう。第15回も第14回に続き、難問がいくつもありましたが、みなさんの印象では「やや難しい」という感触の方が最も多く、「とても難しかった」という方は第14回試験と比べると大きく減少しています。「普通」と答える層は倍増。その結果、手応えの総括としては、第14回と比べると「やや易化」と表現することができます。

私の解いた後の印象からは、みなさんの得点が予想よりも高く、みなさんがとても頑張った結果なのではないかと感じました。

後ほど、お伝えする自己採点結果でそれは裏付けられることになります。

【JCDA】論述試験の難易度アンケート結果【難化】

回答数:第14回187件、第15回431件

JCDAの論述試験は、「とても難しかった」が17.9ポイント、「やや難しかった」が17.2ポイント増加するとともに、「普通」とした方は31ポイント減少しています。この後お伝えする、キャリアコンサルティング協議会とともに、今回はどちらの機関においても、論述試験の難化傾向が明らかとなった回でした。

【協議会】論述試験の難易度アンケート結果【かなり難化】

回答数:第14回174件、第15回385件

協議会の論述試験の皆様の手ごたえは、「とても難しかった」とする方が、前回よりも51.3ポイントも増加しており、出題内容の大幅な変化を受け、多くの方が額に汗して苦戦をした様子が思い浮かびます。

「キャリアコンサルタントの能力要件の見直し」では克服すべき課題として、「実技」面がクローズアップされ、養成講座の「実技面」の拡充が盛り込まれました。実技試験の難化傾向は、今回だけではなく、今後も続く可能性があると考えています。

どちらが多いの?

論述試験のアンケートから、JCDA(日本キャリア開発協会)とキャリアコンサルティング協議会(CC協議会)、どちらで受験したかについては、第13回、14回に続き、JCDA受験者の回答数が多かったです(JCDA:431名、CC協議会:385名)。なお、第12回は協議会の方が多かったです。

自己採点による正解の設問数【やや易化】

回答数:第14回373件、第15回864件

では、注目の自己採点結果を公開します。

自己採点結果では、前回と比べると、50~41問の高得点層の増加が目立ちます(12.7ポイント増)。それにより40~35問の合格確保層は減少していますが、合格ラインを超えた方たちの割合は、前回の86%から90.1%へ、4.1ポイント増加しました。

第14回でも感じられた傾向ですが、対応することができなかった難問の出題に驚き、試験直後にがっくりと肩を落としていた方も、自己採点をしてみると40点以上を確保していた、という方が、今回は多かったように思います。

また、今回は6月試験の中止などもあり、試験対策期間が長期間に及んだ方が多く、念入りに試験対策をすることができたという方も、多かったのではないでしょうか。

このように、約9割の方が合格ラインを確保しているアンケート結果ではありますが、アンケートの数値の読み取りにはご注意ください。

アンケートの自己採点結果と実際の合格率には毎回15%~25%程度の差があります。

これは、アンケートにご協力頂く皆様の得点が、毎回、高い傾向にあるためです。

実際の採点が厳しいとか、配点調整等があるからでは決してありません。なお、下の表は、第6回からの当サイトの自己採点アンケート結果と各登録試験機関での実際の合格率の比較です。

  アンケート合格率 JCDA合格率 協議会合格率
第6回 86.8% 61.5% 64.2%
第7回 81.5% 54.8% 53.6%
第8回 84.8% 59.9% 66.5%
第9回 46.3% 32.1% 28.8%
第10回 87.2% 62.9% 65.4%
第11回 82.2%  62.7% 62.5%
第12回 91.0% 75.5% 75.5%
第13回 90.5% 70.4% 71.7%
第14回 86.0% 69.1% 65.1%
第15回 90.1% 74.7% 75.3%

自己採点の数値の解釈においては、実際の合格率との差にご注意ください。