第21回試験アンケート結果の公開【自己採点/学習期間編】

第21回キャリアコンサルタント試験の全日程が終了しましたが、受験した皆様、本当におつかれさまでした。

皆様の合格を、心よりお祈りしています。

そして、学科試験の解答速報のページでのアンケートへのご協力を誠にありがとうございました。本日は、学科試験の自己採点結果、そこから予測できる合格率、みなさんの学習期間と合格率の相関についてを公開します。

受験した方は試験の振り返りに、今後受験する方は試験対策の参考に、是非ご活用ください。

11月6日の本試験当日から11月21日(24時)までに行ったアンケートには、610名の皆様からのご回答をいただきました。

たくさんの皆様からの貴重なお声は、今後受験する方にとっては合格への羅針盤となり、合格への地図となります。皆様のご協力に、心より御礼申し上げます。

回答総数のお知らせ

まず、最近の試験の受験者数、これまでのアンケートの回答者数と回答者数の全受験者に占める割合をお伝えします。

  受験者数 回答者数 回答者数の割合
第17回 3,758名 476名 12.66%
第18回 4,652名 663名 14.25%
第19回 4,278名 630名 14.72%
第20回 3,998名 502名 12.56%
第21回 610名

アンケート回答者数からの推測しますと、今回(第21回)の受験者数は、大きな増減はなく、4,000人を超えるのではないかと予測しています。

それではアンケート結果の発表、気になる自己採点結果からお伝えします。

自己採点合格率は90.3%

回答数:第20回502件、第21回610件

自己採点結果は次のようになりました。前回(第20回)と今回(第21回)を比較する形でお伝えいたします。

全体的な傾向は、前回とそれほど変化がないことが特徴ですが、35問以上獲得の合格確実層の割合は、第20回が92.2%であったのに対して、第21回は90.3%と若干低下しましていますが、引き続き高い合格率となりました。

難易度的には穏やかな回と位置づけられるでしょう。

なお、これまでの自己採点アンケートの合格率の最高は、第18回試験の94.1%です。ちなみに、このときの実際の合格率は、JCDA79.0%、協議会82.6%でした。

今回もいつもと同じく、捨て問題もありましたし、内容的には決して易しいとは言えませんが、35問を確保すること自体は、事前の準備を念入りにしていれば、難しくはない回であったと位置づけることができるでしょう。

なお、自己採点結果の数値の読み取りには、くれぐれもご注意ください。

自己採点合格率と実際の合格率の差について

アンケートの自己採点結果と実際の合格率には毎回15%~25%程度の差があります。これは、当アンケートにご協力を頂く皆さんの得点が、高い傾向にあるためです。決して実際の採点が厳しいとか、傾斜配点や配点調整があるからではありません。

ちなみに、下の表は、当サイトでの第15回試験以降の自己採点アンケート結果と、各登録試験機関の実際の合格率の比較を紹介します。

アンケート合格率よりも、約15%~25%、公式の合格率が低い傾向があります。

【アンケート合格率と実際の学科試験合格率の差】(2022/8/16追記)

  アンケート合格率 JCDA合格率 協議会合格率
第15回 90.1% 74.7% 75.3%
第16回 86.6% 63.9% 65.3%
第17回 81.0% 58.0% 55.9%
第18回 94.1% 79.0% 82.6%
第19回 84.3% 63.0% 60.8%
第20回 92.2% 77.4% 78.2%
第21回 90.3%

ですから、自己採点合格率の数値の解釈においては、実際の合格率との差にご注意ください。 

予想合格率は73%前後を予想

自己採点結果と実際の合格率のこれまでの隔たりから考えると、第21回学科試験の合格率は73%前後と予想しています。

前回の第20回の70%台後半よりは、若干、下がるのではないかと予想しています。

最近の試験で同じゾーンの合格率になった回は、第13回、第15回、第20回がありますが、今回の得点分布が特に似ているのは第15回及び第20回でした。

第20回までの試験結果(合格率)について

前回の第20回試験も、第15回に似ており、類似回として取り上げましたが、今回も第15回タイプの得点傾向だったようです。つまり、15回-20回-21回の得点傾向は似ています。

第15回と類似した自己採点結果

第15回と第21回の自己採点結果を比較してみましょう。

この第15回の学科試験合格率は、74.7%(JCDA)、75.3%(協議会)です。

なお、第15回はコロナ禍の影響により試験が1回分中止になった後に行われた試験のため、受験者数が多く、また、1回分中止により、試験対策期間が長期に及んだ方が多い試験回であり、試験対策の完成度は高かったと思われます。

そのため、第15回よりは若干低い合格率として、73%前後を予想しています。

また前回の第20回よりは若干、自己採点での合格率が下がっていることも、予想合格率の根拠としています。

学科試験対策に要した学習期間

つづいて、学習期間に関するアンケートです。今回は、学習期間と合格率の関係もお伝えします。

学科試験対策に要した学習期間は、毎回、ほぼ同じ傾向ですが、今回は「1か月未満」の方がやや増加する結果になりました。

学習期間ごとの合格率もこの後公開しますが、「1か月未満」は少し、ドキドキです…。

学習期間で最も多いのは3ヶ月以上6ヶ月未満、続いて2ヶ月以上3ヶ月未満ですが、合格率との関係も見てみましょう。

学習期間 合格率
6か月以上 91.5%
3ヶ月以上6ヶ月未満 94.5%
2ヶ月以上3ヶ月未満 93.0%
1ヶ月以上2ヶ月未満 83.5%
1ヶ月未満 80.2%

自己採点による合格率が最も高かったのは、占める受験者の割合も高い「3ヶ月以上6ヶ月未満(94.5%)」でしたが、「2ヶ月以上3ヶ月未満(93.0%)」のゾーンも健闘をしています。

ただし、「1ヶ月未満」になると、80.2%とだいぶ合格率が低下していますので、ご注意ください。

3月5日の第21回試験までは、あと102日です(11月23日現在)。年末年始の公私にわたる繁忙を思うと、次回対策を始動するには、今の時期は程よいタイミングなのではないでしょうか。

以上、今回は自己採点結果と学習期間に関するアンケート結果をお伝えしました。

次回は過去問の実施回数や合格率との相関に関するアンケート結果をお伝えする予定です。スムーズな合格には、作戦も必要です。

これらのアンケート結果をどうぞご活用ください。

みん合☆プラス会員のご案内 

キャリアコンサルタント試験の直近3回分以外の過去問解説や、試験傾向がよく似ている2級技能検定や1級技能検定の過去問解説、そのほか会員限定公開のページは、みん合☆プラス会員へ入会するとご覧になることができます。

学科試験対策のお伴に、是非ご検討ください。テキスト&問題集や総仕上げ問題集をお持ちでない方には、大変お得な書籍セットのコースもございます。

みん合☆プラス会員のご案内

お気軽にご相談ください。

試験対策のご相談やご質問を、みん合☆では毎日、受け付けています。お気軽にお声をお伝えください。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須:お間違いがないか今一度ご確認ください)

題名

メッセージ本文

 

             

コメントを残す