労働市場の知識【一問一答】

Check Sheet ONOFF

Check Sheet機能をONにして知識を確認しましょう。

労働市場を理解するため、正しい用語と基礎的な指標をマスター。用語の定義を確認する問題は第1回で出題されています。また、完全失業率、有効求人倍率、学卒就職率はしっかりと把握しておきましょう。

(全12問)

労働力調査 用語の解説

Q1.労働力調査で用いられる用語について、労働力人口とは18歳以上の人口のうち、「就業者」と「完全失業者」を合わせたものである。(第1回問20類題)

A1.×:18歳以上ではなく、15歳以上である。労働力人口とは15歳以上の人口のうち、「就業者」と「完全失業者」を合わせたものである。総務省統計局

Q2.労働力調査で用いられる用語について、就業者とは「従業者」と「休業者」を合わせたものである。(第1回問20類題)

A2.○:労働力人口=就業者と完全失業者、就業者=従業者と休業者と押さえる。総務省統計局

Q3.非労働力人口とは、全人口のうち「就業者」と「完全失業者」以外の者である。(第1回問20類題)

A3.×:全人口ではなく、15歳以上の人口のうち「就業者」と「完全失業者」以外の者である。総務省統計局

Q4.完全失業者とは、仕事がなくて調査期間中に少しも仕事をしなかった、仕事があればすぐ就くことができる、調査期間中に仕事を探す活動や事業を始める準備をしていた、の三つの条件のうち、一つでも該当する者である。(第1回問20類題)

A4.×:この3つの条件を全て満たす者である。総務省統計局

Q5.完全失業率とは、「15歳以上の人口」に占める「完全失業者」の割合である。

A5.×:15歳以上の人口ではなく、「労働力人口」に占める「完全失業者」の割合である。総務省統計局

近年の労働市場の動向

Q6.2016年度の有効求人倍率は、1.39倍となり、前年度を上回った。(第2回問21類題)

A6.○:前年度の1.23倍を上回った。厚生労働省

Q7.2016年度平均の完全失業率は、4%を越える水準であった。(第2回問21類題)

A7.×:2016年度平均の完全失業率は、3.0%であった。総務省統計局

Q8.正社員の有効求人倍率は改善が続いており、2016年度後半には1倍に迫る水準であった。

A8.○:2017年3月の正社員の有効求人倍率は、0.94倍であった。厚生労働省

Q9.平成29年3月の高等学校卒業者の就職率は98.0%で、26年ぶりの高水準であった。

A9.○:同じ時期の大学(学部)卒業者の就職率は97.6%であった。文部科学省

Q10.賃金構造統計調査によると、産業別の賃金では、男性では金融業、保険業が最も高く、女性では教育、学習支援業が最も高い。

A10.○:なお、最も低いのは男性も女性も宿泊業、飲食サービス業であった。賃金構造統計調査

Q11.就業構造基本調査は、総務省により、昭和57年以降は5年に一度行われている。(第4回問24類題)

A11.○:【総務省統計局なお、賃金構造基本調査は厚生労働省が1年に一度行っており、労働力調査は総務省統計局が毎月行っている。

Q12.労働市場分析レポート(厚生労働省 平成29年3月)によると、65~69歳の男性の就業者数は2015年には244万人と大幅に増加しており、自営業従業者についても同様に増加している。

A12.×:自営業従業者については、就業者数ほどの増加は確認できず、就業者に占める自営業者の割合は1980年の52.9%から2015の27.5%に低下している。【厚生労働省:PDF

(全12問)