労務管理の歴史

Check Sheet ONOFF




Check Sheet機能をご活用ください。

労務管理の誕生

18世紀後半~イギリス産業革命 児童労働や深夜労働、事故や健康被害への対応の必要

テイラーの科学的管理法(1911年)

1911年:アメリカのテイラーによる科学的管理

科学的管理法 生産効率を最大限にすることが目的 達成困難な目標だったため、テイラーは次に「差別的出来高給」の仕組みを導入




ホーソン実験(1927年~1932年)

科学的管理法 製品の定形化や標準化などの大量生産への対応に成功したものの、機械的な単純労働は次第に慢性的なやる気の低下を招いた

メイヨーやレスリスバーガーらはウエスターン・エレクトリック社のホーソン工場にて実験

 作業効率は精神的側面や感情面、仲間意識や連帯感により影響

従業員態度調査(モラール・サーベイ)や提案制度などが生み出されることになった

欲求段階説

マズローは、人の欲求を下記の5段階に分類した

生理的欲求

安全欲求

③所属と愛情の欲求

自尊承認の欲求

自己実現欲求