第5回学科試験自己採点結果の中間ご報告

第5回キャリアコンサルタント試験学科・論述試験を受験された皆様、本当にお疲れ様でした。面接試験でのご健闘、合格を心よりお祈りしています。

さて、お疲れ様でした!アンケートへのご協力を誠にありがとうございます。アンケート総数は、200を超え、過去最高のご回答を頂いています。試験直後で次回面接試験の対策の中で、本当にありがとうございます。今回の解答速報から、皆様の自己採点結果をお聞きしていますが、その中間報告をさせて頂きます。

自己採点による正解設問数

アンケートの概要(ご回答総数234件)

50~41問 21.4%

40~35問 62%

34~30問 15%

29~20問 1.6%

19問以下 0%

合格ラインの7割を見事超えている方は非常に多く、合計81.4%の方が35問の合格ラインを超えています。

もちろん、すべての受験者のデータではありませんから、このデータがそのまま実現するとは考えていませんし、私もこの素晴らしい数字のままに、この試験を評価することには違和感を感じています。

なぜならば、こちらのデータをご覧ください。

学科試験の難易度アンケート

今回の学科試験の難易度(手応え)を同時にお聞きしていますが、合計72.2%の方が、今回の試験を「とても難しかった」又は「やや難しかった」とご回答いただいています。

私も解答作成協力者とともに、全ての試験問題を確認しました。

各先生方の著書や行政の資料をあらかじめ多数用意して、ネットで検索なども駆使して、解答を作成しましたが、判断に困る問題はやはり多く、微妙な選択肢もありました。

皆様のご努力の賜物としか言えません。

超難関だった第4回に比べると、多少は解きやすいものが多かったことは確かにありますが、決して簡単だった、などと言うことはできない内容だったことは、私自身も感じています。

これは、超難関だった第4回試験を踏まえ、皆様が念入りに、各先生方の著書や、行政発表の資料を読み込んだ結果なのではないかと捉えています。皆様の熱い試験対策が功を奏したのではないでしょうか。

できうる限りの対策を必死にしたからこそ、解ける問題が多く、35問を超える正解を獲得することに繋がった、というのが真の姿なのではないかと感じています。

今回の皆様の好結果は、皆様の頑張りの成果そのものです。総合的に見て、学科試験が易しくなったとは私は捉えていません。幅広い知識、確かな理解、認識が求められる傾向は変わらないのかもしれません。

朝も昼も夜も、寝ても覚めても、本試験対策が皆様の頭の片隅から離れることなく、必死に努力されたからこそ、自己採点で合格確実の果実を手にされたのだと考えています。

ただ、この試験は残念ですが、合格率100%ということはありません。

今回は残念ながら不合格、という方は、気を落としすぎずに、次の面接試験でのベストを尽くしましょう。アンケート結果では、論述試験では手ごたえを感じている方も多いようです。

JCDA論述試験の難易度アンケート

協議会論述試験の難易度アンケート

皆様の手応え的には、JCDAの方が協議会よりも与しやすい問題のようでしたが、論述で自信がない方も、実技は面接が合否を大きく左右すると、これまでの受験者の結果から、私は推測しています。

実技は面接が勝負と捉え、今週末から始まる協議会の面接試験、次週末から始まるJCDAの面接試験に意識を集中していきましょう。

まだ試験は終わっていません。

面接試験でのご健闘、合格を心よりお祈りしています。

過去問解説の掲載について

第5回学科試験の過去問解説は、第5回試験日程が終了した後、JCDAの面接試験が終了した時期に掲載する予定です。

個別の問題に対するご質問等も既に皆様から頂いていますが、それらにつきましては、過去問解説の掲載に代えさせて頂きたく、恐れ入りますが、ご理解を賜りましたら幸いです。

皆様からの貴重なアンケート結果の最終報告も、全試験日程終了後に、個人情報や特定団体の名称などを削除した形で掲載させて頂き、第6回以降の試験を受験される皆様にとって、とても参考になるリアル情報として共有させて頂きたく考えています。

あえて、お伝えしておきたいのですが、皆様からのご意見が、最も、今後受験される皆様の参考になるのです。

私があれこれ言うよりも、100倍、皆様の参考になるのです。

そして、それは、当サイトの大事なコンセプトなのだと思っています。

だって、『みんなで合格』ですからね。

アンケートは引き続き継続していますので、よろしければ、ご協力を賜れましたら幸いです。どうぞよろしくお願いします。

試験お疲れ様でしたアンケートのページ

コメントを残す