就職支援の実務。

第49回CDA資格認定試験二次試験の結果は3月22日に発送されます。いつものタイミングですと、翌日23日(水)にお知らせが届きます…(汗)一次試験と同様、郵送で届きます。

どうなることやら…(大汗)

合格したいなぁ。

ま、あんまり考えるとお腹が痛くなりそうなので、それはさておきまして…。

_shared_img_thumb_adsfagsrethdter_TP_V

私は今、仕事のひとつとして、就職を目指している皆さんへの職業訓練の講師をしています。

担当している科目は経理の「簿記」なのですが、皆さんの目標は「就職」ですから、就職支援も日々の業務の念頭に置いて、皆さんと接するときにはサポートを惜しみません。

サポートと言っても、大したことは出来ていませんが、それぞれ一人ひとりに好意的関心を持って、それぞれの想い、希望、状況、過去の経験などをお聞きすること。

就職についてアドバイスをすることは、実際にはほとんどありません。情報提供くらいでしょうか。

各々が情報収集し、行動し、自己決定していきます。

先生、私の進路を決めてください!」なんていう方は幸いにして、今までにいません。

そして、最近は過去の受講生の皆さんからの就職のご報告が続いています。

果たして就職できるんだろうか?」と不安の面持ちで入校してくる皆さんが、訓練期間を経て無事に就職し、嬉々として仕事の話をしてくれる、そんな集まりが今週末にもあります。

そのときはもはや私は「先生」でもなんでもなくて、「同時代を生きる社会人」同士の関係です。

ぶっちゃけ、お互いに悩みも多いです(笑)

そして、私の方が教わることも多いです。

こんな繋がりがこれからも作っていけると思うと、ワクワクしてくる仕事でもあります。

ハプニングが重なって、バタバタと独立という道を選んだものの、ご縁があってこの夢のある仕事に携われることができ、良かったと思っています。

2件のコメント

  • YDK

    CDAの勉強をして気づいた支援てありますよね。同じ仕事でも関わり方が違ってくる…もっともっと学んでいきたいですね。
    管理人さんのお仕事にも勉強したことが良い方向に影響しているようですね。
    これからもがんばってください。

    • cocostudy

      YDKさん

      いつもコメントをありがとうございます。
      受講者とのベストな距離感はまだまだ試行錯誤中ではありますが、かつてよりもベターにはなっているかな。
      講師、受講者間のコミュニケーションが豊かなクラスの方が、資格取得や就職のパフォーマンスが良いことも事実です。

      発表が近づいてきましたね…。ドキドキ…。

コメントを残す