ジョブ・カード制度総合サイトの注意点とヨコ解きリンク【2021年8月改訂】

試験対策必須の公的サイト

ジョブ・カード制度総合サイトは、ジョブ・カードを利用してキャリアアップしたい方や求職活動を行いたい方などをサポートするため、厚生労働省が設置しているサイトです。

「ジョブカードくん」

ジョブ・カード総合サイトは、ハローワークインターネットサービスと並び、試験によく出る公的サイトです。

まだご覧になっていない、という方は、必ず目を通しましょう。

と言うのも、これまでに出題された問題の中には、サイトを見たことが無ければ、まず解けない問題も出題されているからです。

ジョブ・カード制度総合サイト

ジョブ・カードの目的、作成書類の種類、ジョブ・カード総合サイトで出来ることや出来ないことが主な出題内容です。

なお、毎年のようにサイトのリニューアルが行われており、2020年に続き、2021年春にもリニューアルがあったため、昨年の10月に作成した本記事を改訂しました。

併せてヨコ解きリンクも16回と17回の出題内容を追加しました。最近は特に連続して出題されています。

短期集中で、ジョブ・カード制度の出題内容をヨコ解きしてみるのもおすすめです。似たような内容がよく出題されていることがわかるでしょう。

ここに注意!試験対策上の注意点

2020年春と2021年春にサイトのリニューアルが行われ、具体的には下記の内容の追加や削減がありました。ご注意ください。ちなみに、令和4年度も大幅なサイトリニューアルがあるようで、厚生労働省では準備を進めているようです(まだ完成していないので気にしなくて大丈夫です)。

追加された内容

・2021年3月にジョブ・カード活用ガイドがリニューアルされました。

ガイドには幅広い年代を対象とした「汎用版」と40歳前後以降の職歴のある方を対象とした「キャリアを重ねた方向け」の2種類があります。

ジョブ・カード活用ガイド(汎用版/キャリアを重ねた方向け)

汎用版

キャリアを重ねた方向け

ジョブ・カードの目的や出来ることを掴むには、この活用ガイドを確認するのが良いでしょう。受験生も有資格者も、是非一度、目を通しておきましょう。

・2020年春に、これまでの職業スキルチェックに加えて、RIASECによる自己診断価値観診断を行う機能が追加されました。内容はこちらをご確認ください

・2020年春に、実践的能力証明シート及び活用マニュアルをダウンロードできるようになりました。内容はこちらをご確認ください。

実践的能力証明シートは、ジョブ・カード準拠様式(オプション的な位置づけ)の一つとして、資格だけではわからない専門知識や経験、スキルなどの実践的な職業能力を明らかにするもので、学校や企業において、就職、人事面談、人材育成など、キャリアを考えるシーンでの作成を想定しています。

なお、シートは、ホワイトカラー分野、IT分野、医療介護分野の3分野について、「学生・社会人(エントリ)向け」と「社会人向け」に分かれています。

削除された内容

・2021年3月をもって、ジョブ・カード作成支援アプリ(iOS版、Android版)の提供が終了しました。→第1回問32に影響します。

なお、ダウンロード型のアプリは廃止されましたが、ジョブ・カード作成支援WEBはスマートフォンでも利用ができます。

・2020年3月をもって、ジョブ・カード総合サイトでのキャリアコンサルタントによるメール相談サービスが終了しました。→第8回問34に影響します。

なお、メール相談サービスは無くなったものの、2020年4月以降は新設された、キャリア形成サポートセンターにおいて、無料のキャリアコンサルティングが行われています(2021年8月現在)。

ヨコ解きリンク

ジョブ・カード総合サイトの内容等が出題された大問(選択肢4つ分の問題)は、以下の通りです。第1~第14回の過去問解説は、みん合☆プラス会員限定となりますログインしてご覧ください。

【ご注意ください】

第1回問32では、2021年3月で提供が終了したジョブ・カード作成支援アプリの影響があります。

第8回問34では、2020年3月で終了したメール相談の影響があります。

ジョブ・カード制度総合サイトに関する出題は、似たような内容が繰り返し出題されているのも特徴のひとつです。これらの過去問と上記の削除内容を確認しておけば、十分にできる対策が出来たと自信を持って良いでしょう。

(2021年8月改訂)

             

コメントを残す